練習メニュー

  1. テニス メンタル

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

    つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。でも、それが一番、アナタ自身の成長を阻害している源になる。よくある話、だと思いますが、テニスに…

  2. テニス メンタル

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取り返す。ブレイクバック、という言葉があるくらいですからね。これって、試合の…

  3. テニス リーダー

    ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム

    テニスの練習って、難しい。だって、毎回試合相手は違うのに、練習相手は同じ・・・ですからね。でも、良い意味でライバル同士で、良い練習が出来ていれば…

  4. テニス イベント

    技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス

    最近、みなさんは何を練習してますか?まず、これを、パッと言えるかどうか。そして、その技術はいつまでに、どの程度の習得を目指しているのか・・・イメ…

  5. テニス コントロール

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに

    テニスの練習、って基本地味、です。反復練習、の繰り返しでしっかり強くなる、のが基本ですからね。ただ、プロ選手も非常に地味な繰り返しのこの練習です…

  6. テニス 練習

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちはどこかそれを当たり前だと思って、麻痺した感覚で見てしまう。練習の風景、なんてまさに…

  7. テニス メンタル

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1ポイント。あの1ポイントさえ取っていれば、勝てたかもしれない大事なポイント。…

  8. テニス 観察眼

    テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

    テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。この問いかけ、が無い人はまず成長は難しい。良い練習、は一日にして成らず。毎日、…

  9. ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習

    ダブルスの試合、前衛と後衛がめまぐるしく入れ替わる。これが硬式テニスの一つの特徴であり、面白いところだと思います。でも、なかなかポイントの間で的…

  10. 3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて

    テニススクールやサークル、部活でも実施した経験、ある方も多い3列ラリー。ある程度、人数が多いとこういう練習、も必要ですよね。でも、「実戦向きじゃ…

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で楽したければ、練習で苦しむしか無い
  2. テニス フットワーク

    その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.…
  3. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術
  4. ダブルス

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
PAGE TOP