戦術

  1. テニス 練習

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

    試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。自分で勝手に、相手のことを考え過ぎて諦めている。こういう人は、もっと自分の技術を…

  2. テニス ダブルス

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは、何気ないようなミスに見えて、結構深刻です。なぜなら、そのアウトは繰り返されるから…

  3. テニス 観察眼

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

    よく練習で、「身体が覚えるまでやる」という表現を使う人がいますよね。それは、あくまで結果論。私が思うに、身体が覚えるということは、条件反射出来る…

  4. テニス コントロール

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自分のショットに対して懐疑的。こういう人は、まず「ライン際のショットへの意識」から変…

  5. テニス メンタル

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事

    テニスの試合で、どうしようも無い時、はあります。例えば、サーブ。これはもう、男性で本当に速くてエグい人はどうしようも無い。良い意味で、諦…

  6. テニス メンタル

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る

    みなさんの中にも、「急に強くなった人」いるんじゃないでしょうか?テニスは、急に上手くなる。これは、私の持論です。特にこのサイト、T-PR…

  7. ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

    ダブルスの試合で、前衛を攻撃していく。これは、みなさんも出来るようになったはず。でも、その攻撃って1回で終わってはいませんか?何となく返…

  8. テニス ミス

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件

    テニスの試合が、行われる時間について。みなさんは、どんな感覚を持ってますか?朝が弱い、強い。スロースターターだから、午後からの方が良い?…

  9. テニス メンタル

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない

    繰り返し書いて来ましたが、まだまだ私たちの意識は甘い。リードしている状態、ほどテニスの試合で怖いものはない。どこか、それに頼って「このまま終わっ…

  10. テニス メンタル

    テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒

    「とにかく、テニスの試合が苦手・・・」という、みなさん。もっとゲーム感覚で、楽に考えて良いと思います。そう、発想としてはあの「モグラ叩きゲーム」…

  1. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?
  2. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!
  3. テニス 格上相手

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  4. ストローク

    ライジングショットを、しっかり抑えて打つコツは意外に簡単
  5. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる
PAGE TOP