ストローク

  1. 浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ないショットですが、入る、入らないでは大きく変わって来ます。大事な場面で入らない人は、…

  2. 伸びてくるストローク、返し方の基本

    試合の中で、相手のストロークが伸びて来る。ここで押されてはまずいと必死で抵抗しようにも、何かアナタ自身にコツのようなものはありますか?…

  3. テニス サイト

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

    ウォーミングアップで行うショートラリー。これ、正直苦手という人多くないですか?ただつなげるだけ、ラケットに当てるだけになっている人は、少なからず…

  4. フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、自分から動いてボレーしていくのってなかなか難しいですよね。大事なポイントは、足を動…

  5. 初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

    初中級者の壁を越えたい、と考えている方。越えられます、すぐに。ある決断をして、やり切るだけです。テニスの安定感は、ボールに回転をかけるこ…

  6. ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本

    ストロークでしっかり振り切って、鋭いボールを打ちたい。そう考えているなら、この基本を今一度見直しましょう。ストロークを力任せに打っている人は、ラ…

  7. 「ハッ!」より、「フー」

    ボールを打つ時に、小さく声を出す。みなさんも、こういう方多いんじゃないでしょうか。プロ選手の試合を観ていると、テニスって「声を出した方が良いのか…

  8. スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

    スピンストローク、攻撃に最適!なのはもちろんですが、実は守備にも使えるのがスピン回転のストローク。スライスでしか守備が出来ない、と思っている人は…

  9. テニス ボレー

    鋭いスライスって、どうやって打つ?

    鋭いスライスが、武器の選手。これは、ベテランやシニアのプレイヤーのみなさんなら、ピンと来るはず。ほぼフラットのような鋭い当たりで、スライスで攻め…

  10. テニス スライス

    スライスが浮いてしまう人は、ほとんどが〇〇になっている

    スライスを打つたびに、ポーンと打ち上げるような軌道になってしまう。この悩み、どう解消すれば良いのかお悩みのみなさんへ。ストロークでも、粘る為には…

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが安定しない・・・」人は、テニスの試合の中でスロートを持…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら大胆に動く」ことが大前提
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ
  4. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来て…
PAGE TOP