フットワーク

  1. ネットプレーに強い人は、これを意識している

    試合の中で、前でポイントが取れる。ボレー戦に強い、前衛が得意という方が、自然と出来ている基本について。今回も、当たり前と思われるようなところ、…

  2. コートの内側に入っていく、そのコツは?

    「もっと前に!なんで後ろなの?」と、コーチや仲間からアドバイスを受けること、ありませんか?みなさんもこれから、上のレベルで試合をしたい、強い相手に勝ち…

  3. ファーストボレーが安定している人は、何を考えてる?

    サーブから前に、アプローチから、リターンから前に。どんな形にせよ、ネットから遠い位置からのボレーは試合で使う機会が多いですよね。ファーストボレ…

  4. ワイドに来たら、斜め前に入る!

    強い相手との試合では、アナタは間違いなく走らされる。これを、どうバランス良く切り返していくか、の意識が大事です。ラケットワークの技術も大事です…

  5. 腰を落とせば、大股で足が出る

    あと一歩、もう少しでボールが届きそうなのに届かないような場面、悔しいですよね。試合では、本当にあと数cmという世界で、勝敗が分かれたりします。…

  6. 前衛の縦の動きは、相手にバレにくい

    相手に気付かれないように、前衛で動いてポーチに出る。まずはみなさん、縦の動きから意識しましょう。どうしても、触りたい、出たいと思うと横に横に、…

  7. コートカバーが遅れる、本当の理由

    試合で、相手に動かされると弱い人って、多いですよね。3回くらい左右に振られると、もう次はしんどくなる。こういう人は、そもそもフットワークの概念…

  8. センターからセンター、だけじゃ勝てない

    ダブルスの試合は、センターセオリー。真ん中を攻め、その返球はまた相手の真ん中、センターを攻撃していくのが通例ですよね。でも、当然相手だってそれ…

  9. 浅いボールを打ち込む、簡単なパワーアップ方法は?

    試合でもよくある、相手のボールが浅くてアプローチしていく場面。これは、しっかり攻撃していきたいところですよね。でも、なかなか良い流れで打てない…

  10. 良いショット、の後に良い〇〇

    良いショットを打つ、自分でもナイスショットだと思う。でも、それで終わり…。何度か書いて来ましたが、草トー大会で勝てない人はこういう人が多いです…

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い
  2. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカン…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    雁行陣でドロップショットを打たれたら、どちらの選手が拾うのが良い?
  4. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい…
  5. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
PAGE TOP