フットワーク

  1. テニス ポジショニング

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速いバリバリの学生プレイヤーなら良いですけどね。でも、そんなに下がって・・・実際に深…

  2. テニス ストローク

    コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう

    試合の緊張した場面で、ネットに「パン!」とボールが当たる。コードボール、と呼ばれますが、そこからどっちにボールが落ちるか分からない・・・。打った…

  3. テニス 前衛

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておくこと

    自分の打つボールには神経を使っても、自分がどこに立っているのか・・・に、無頓着な人は多い。真剣になればなるほど、視野は狭くなっていつの間にか、凄い場所に…

  4. テニス メンタル

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですごくプレッシャーに感じますよね。特にダブルスや、ネットプレー、が得意な選手は、前への…

  5. テニス ストローク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、もはや相手が打ってからの反応、だけじゃないのはみなさんもお気付きでしょう。彼ら、彼…

  6. テニス ボレー

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク

    テニスの試合、強い選手のフットワークは何が違うのか。これって、対戦して初めて感じる部分ですよね。なかなか、外から見ていても分からない。実…

  7. テニス ストローク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

    シングルスの試合、強い人のプレーをよく観察してみると・・・。毎回、「真ん中に戻る訳じゃない」ことに気付くはず。なぜなら、毎回自分の打っているボー…

  8. テニス サッカー

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です

    テニスの試合、調子が良い悪い、はどうしても出て来ます。気にしないようにしても、特に負けている時には言い訳としてもつい、気になってしまいますよね。…

  9. テニス ボレー

    相手が足元のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足元に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで、次への動きに備えてますか?試合に強い人は、このときの瞬間のスピードアップが凄い。…

  10. テニス ストローク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプですか?私は、とにかくカウンターが上手い相手、です。最近のプロ選手のシング…

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  2. テニス シングルス

    練習メニュー

    練習の後の試合形式で、何でみんな練習した技術を使わないの?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強…
  4. テニス 壁打ち

    ストローク

    構え直しのリズムを見直したいなら、壁打ちでペースを上げてやってみよう
  5. ストローク

    実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使ってい…
PAGE TOP