ライジングショット

  1. 戦術

    相手が奪う時間に、付いていく

    強い相手との試合では、これが大事。みなさんも、きっと経験自体はあるはずです。強い相手との試合では、「時間」が奪われる。こちらに余裕が無…

  2. 戦術

    攻撃力を上げることについて、本気で考えよう

    年齢を重ねていくに従い、私自身感じていること。「もう、攻撃的なテニスは難しいかな…」と、つい考えがちですよね。守備的なテニスなら、まだ進歩の余…

  3. ストローク

    タイミングだけで、打ってない?

    練習では良い感じ、だけど試合で勝てない人。結構、こういう人が多い気がします。特に、男性で速いボールを打つのが得意、と自覚しているようなみなさん…

  4. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハードコート、ラインが剥がれたクレーコート。こういう場所でも、試合が行われることはあ…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日はとっておきの秘策を。私自身が試して、効果があった作戦を1つご紹介します。今…

  6. リターン

    リターンに最適な、テイクバックの高さについて

    リターンミスが多い人が、意識したいポイント。私は、テイクバックの高さだと思います。これが、正しく準備出来ていれば、ほとんどのボールはちゃんと返…

  7. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブルスでもシングルスでも、センターへのサーブが厳しくなる。これには、しっかり踏み込んだリター…

  8. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

    前に足を踏み込まない、オープンスタンス。これを武器に、粘るスタイルのテニスがなぜ強いのか。今回は、このポイントに改めて迫ってみましょう。…

  9. テニス 主将

    戦術

    男子ダブルスで遅いボール、女子ダブルスで速いボール、が必要

    男子ダブルスと女子ダブルス。この両方の種目での試合、みなさんどんなイメージでしょうか?男子ダブルスは、速いボールで強打、女子ダブルスは粘りでロブ…

  10. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来ますが、一番変化があるのはリターン、でしょう。この違いを理解出来ていれば、そう簡単…

  1. テニス 居場所

    水分補給

    本気の水分補給には、トレーニングが必要
  2. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「弱い時に、強い」テニス選手になろう
  4. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」
  5. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方
PAGE TOP