フォアハンド

  1. テニス トレーニング

    ストローク

    フォアが振れない、もしそれが深刻なら

    試合に出るようになると、誰もが一度は感じる悩みじゃないでしょうか。フォアハンドが、振れない。あれだけ得意だったのに、入らなくなってしまう。…

  2. ストローク

    フォアハンドのコントロールアップ、を目指す方へ

    試合になると、なかなか思い通りにならないショット。フォアハンドストローク、はその典型例じゃないでしょうか。練習なら、あんなに伸び伸び打てるのに…

  3. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について

    テニスを長く続けていると、この問題にたどり着く。ラケットでボールを打って飛ばす、コントロールする。これが難しい、と感じるようになるはずです。…

  4. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

    シングルスの試合で、結果を出したいと考えているみなさん。まず、しっかりフォアハンドを武器に据えていきましょう。回り込んで、しっかり打つ機会を増や…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために

    ストロークで攻撃的に、ウィナーを取る。特にフォアハンドでしっかり打っていけると、試合でも自信になりますよね。その為に必要なコツ、シンプルに考えて…

  6. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから

    テニスを始めたばかりのころは、楽しくて仕方なかったフォアハンドストローク。でも今は・・・どうでしょう?自分の満足いくショットが打ててますか?…

  7. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!

    自分のサービスゲームをキープしたい、リズム良く進めていきたい。そう考える時に、大事なポイントは3球目の攻撃。自分がサーブを打って、相手がリターン…

  8. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよくポイントを取っている形で、ぜひみなさんにも実践して欲しい形。ドロップショットを逆…

  9. ストローク

    「最初のショットをフォアハンド」で始められるような、工夫をしないと

    サーブを打って、返って来たボールをドーン!プロ選手では、お決まりのようなパターンですよね。これ、サーブの威力だけじゃない、上手く考えられた配球な…

  10. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

    どんなに戦術、ポジショニング、予測を鍛えても、これを怠ってはいけない。パワーのあるショットを打つ、ということは、アナタ自身にとって必要なこと。繰…

  1. テニス ストローク

    その他

    「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早…
  2. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタ…
  4. テニス 試合

    戦術

    「勝負に徹する人、そうでない人」の2種類しかいない
  5. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの
PAGE TOP