試合で使える

  1. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている

    しっかりチャンスを決める、攻撃をフィニッシュ出来る。それに必要なのは、ショットの精度だけじゃない。必要なのは、打つコースを早く決めて、溜を作れる…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう

    ネットプレーでなかなかポイントが獲れない人は、この基本から見直したい。最近のラケットは、とにかくストロークを強力に手助けしてくれます。当てるだけ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?

    テニスの面白いところって、年代で垣根なく試合が出来る、勝負出来るということ。学生の皆さんも、草トーや一般大会ではおじさん、おばさん・・・大変失礼な言い方…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、相手のフォアハンド狙いを大事なポイントに取っておこう

    サーブは相手のバックハンド狙いが基本。でも、それしか練習していないと実戦でサービスゲームで苦労するでしょう。当然、相手もしっかりケアしている。…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、相手ショットの癖や法則を掴むのが上手い

    現実的に、試合の中で相手を観てみる。そうすると、実はストロークのラリー、癖や法則があることに気付くはずです。特に、中級レベルまでの試合であれば、…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの試合の現場で使えない知識や経験は、意味が無い

    普段の練習や、アナタのテニス知識、経験。でもそれって、試合で具体的に活かせてますか?うんちくばかりで、試合に勝てない人は・・・実はテニス界にも、…

  7. テニス メンタル

    その他

    真剣勝負のテニスの試合では、「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られない、ペースを乱さないということ。試合では、真剣勝負。感情を相手に悟られる…

  8. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

    ダブルスの並行陣、または少しロブで下げられた場面。テニスでは、意外とネットより低い位置でのボレー、をする機会が多い。この処理を観ていれば、すぐに…

  9. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから

    ストロークの威力をアップさせようと、試行錯誤。グリップにスウィング、ガットにラケット・・・と、つい上辺だけの改善、になってはいませんか?ここは一…

  10. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することになるでしょう。そして上で挑戦する、ということは、格上選手と対戦していくということ。…

レクタングル広告枠

  1. テニス 仲良し

    メンタル

    仲良しテニスを卒業しましょう
  2. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイント…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、「足のスタンスは狭く、上体が上がっていく」こ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れて…
PAGE TOP