試合で使える

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい

    体重を乗せた、重たいボレーを打つ為のコツ。みなさん、何を意識することが多いですか?私は、両足がコートにべッタリと着いていることが無いようにだけ、…

  2. テニス シングルス

    メンタル

    一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない

    試合に出て、勝ちたいと思うみなさん。厳しいようですが、まずはこれをしっかり、目指しましょう。今いる、スクールのクラスやクラブメンバー、チームメイ…

  3. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる

    テニスの試合で、基本を相手にしっかり見せておくこと。これはすごく、大事なことです。序盤に色々やること、も大事だと何回も書いて来ましたが、それだけ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

    「オープンスタンスのストロークが、難しい・・・」と、よくご質問を頂きます。確かに、簡単なようで難しい、特にクロス方向にしっかり打つには技術がいりますよね…

  5. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける以上に、実は良い効果を生みます。自分でやってみることで、「やられて嫌なこと」が見え…

  6. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを使ってボールを打つのは、基本的に禁止されてますよね。ボールが2つあれば、簡単に出来…

  7. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニスだね」と。でも、結果的に私自身好きなんだと思います、ある種守りから入っていく試合…

  8. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと

    ダブルスの試合で、一目で分かるペアの絆。それは、ポイントを失った時、それもかなり雰囲気を悪くするような感じのポイントの後、ですね。例えば、お見合…

  9. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!

    リターンの反応速度、みなさんどうでしょうか?きっと、良い時は良い、悪い時はガチガチになって反応が遅い、感じになっていると思います。ここは、プロ選…

  10. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、みなさんどうでしょう?良いサーブだから、確実にチャンスが来る?そうでも無い、と思い…

  1. サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように…
  2. テニス メンタル

    戦術

    人に向かって打つ限り、テニスは上達しない
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、「試合中に自分で負けた・・・」と決めている場合がほとんど
  5. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い
PAGE TOP