格上相手

  1. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これが楽しいからこそ、試合に出て挑戦する価値がある。でも、いざコートの中に入ると・・・…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」でちょうど良い

    以前に、「ファーストサーブは、セカンドサーブを少し強力にしたモノ」という記事を書きました。ですが、実際にどれくらい強く?セカンド2回で良いんじゃ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    試合終盤に、消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、1日に4~5試合はある大会もたくさんありますからね。特にこの夏の時期、きっとアナタ…

  4. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

    テニスには所属や肩書きが付くケースが多い。名門サークルに、名門高校、強豪テニスクラブ。持っているモノも、目に見えて分かりますよね。新しい…

  5. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルは、「競る前に終わらせる」くらいの強気な部分が欲しい

    もし、アナタが大事な試合で勝ち進んだとしましょう。まさに、上位シード選手を追い詰めて、今勝とうとしている。でも・・・もしその試合がまだ「競った状…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    勝ちたいという想いが周りに伝わらない選手は、最期まで勝てない選手で終わる

    テニスの試合に勝ちたい、という想いは皆さん、胸の中に秘めているはず。どちらかと言えば、表に出すのは恥ずかしい、みっともない・・・と思う方が多いと思います…

  7. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事

    試合の中で、動いて試して、それでも勝てなかった試合。これは、間違いなくアナタの財産になる。言い方は悪いですが、「良い負け方」が出来る人は、強くな…

  8. テニス ストローク

    戦術

    タイミングの早いテニスに対応するには、何が出来るだろう?

    タイミングが早いテニス、強い相手では対応していかないといけません。アナタが普段ラリーしている相手よりも、速く、重いボールを、試合では受けることになります…

  9. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね。テニスの試合に出ていると、そんなことに試合の後に気付く、ことが多いと思います。…

  10. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りにやって勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで

    セオリー通りのテニス、皆さん意識出来てますか?もちろん、フォーメーションの基本や考え方、大事です。ですが、そこに囚われていても・・・テニスの試合…

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い
  2. ストローク

    試合の序盤でストロークのネットミスが多いときは、「スタンスを広く、目線を落とす」…
  3. サーブ

    ダブルスの試合で、「前衛がポーチに出てくれない・・・」と思っている人は、自分のフ…
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくな…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る…
PAGE TOP