攻撃

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

    ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。ネットプレーに対抗するには、必要なショットですよね。でも、よく考えてみて下さい…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

    相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。ですが・・・意外と、しっかり正面に深いサーブを狙うのは難しい。なぜなら、サーブって少なからず変化していく…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

    スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。でもそれも、中級レベルまででしょう。上のレベルで勝っていくには、スマッシュに必要なポイン…

  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れないのは当たり前

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ていると、感じます。せっかくコートに2人いるのに、その強みを活かせていない。前衛…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、言い訳っぽいことを言っているアナタ。それではいつまで経っても、問題をうやむやにして…

  6. テニス メンタル

    その他

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

    テニスの試合、序盤が勝負。この重要性は何度も書いてきましたが、まだまだ理解されていない方が多いようです。ストースターターを自負するのも良いですが…

  7. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。こういう試合、多くないですか・・・?攻撃して、相手を振り回しても最後は勝て…

  8. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「意外とネット上ではセンターに近いところ」を通過しているのに気づい…

    ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。ダブルスでもシングルスでも、必要なのは良い軌道のイメージ。つい、厳しすぎるコース設定になって…

  9. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー

    シングルスの試合で求められる、丁寧な攻撃とそれを凌ぐボール。走って追いつく、それから山なりの返球をしたところからの基本ラリー、をしっかり練習するメニュー…

  10. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

    テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。そう、「崩す」からこそテニスは面白いし、ポイントを確実に獲れる。皆さんはこのイメージ、あ…

レクタングル広告枠

  1. その他

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!
  2. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかど…
  3. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  4. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!
  5. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?
PAGE TOP