打点

  1. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」くらいの意識でちょうど良い

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こちらがプレッシャーをかけてミスをしてくれているのであれば、それはもうミスではなく実力で獲っ…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減るでしょう

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法があるでしょうが、私がオススメしたいのはまずこの方法。皆さん、スマッシュをミスしてし…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう

    シングルスの試合で、求められるストローク。それは、外に逃げていく軌道のストローク、がポイントになってくる。深いストロークも大事ですが、下がって対…

  4. テニス ガット

    ボレー

    バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」としか当たらない人は、ダーツを投げる感覚でシンプルに

    「バキッ!」「ガシャ!」今日もどこかで、バックハンドボレーをミスする音が、日本中から聞こえてきます。何度かテーマで書いてきましたが、バッ…

  5. ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」にすることで安定する

    テニスにおけるライジングショットは、まさに中級者から上級者への階段。ここで身に付けられるかどうかで、試合にも勝てる選手になれるのか、なれないのかが決まると言…

  6. ストローク

    軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?

    軽く打っているのに、すごくストロークに伸びがある人。試合も強いし、ミスも少ない・・・なんで?と思いますよね。ただリラックスしているだけじゃない、そのポイ…

  7. ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

    試合に強い人と、弱い人。上手い人はたくさんいるけど、なかなか試合に強い人って少ない。なぜなら、「守備力を高める」というのがテニスでは難しい技術だから、だ…

  8. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーでパンチ力が欲しいなら、「背中の肩甲骨を意識」すると自然にラケットが前に出る

    ボレーの中で、バックハンドボレーが「なかなか飛ばない」と感じている人。腕に力を込めても、ボールは飛んでくれない。片手バックハンドボレーで意識して…

  9. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのスウィングスピードを上げたければ、「腕を止めてラケットが走る」打ち終わりを意識してみよう…

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。現代テニスでは必須の部分ですが、なかなか力任せに振っても速度は変わらない。今回、…

  10. ストローク

    そろそろアナタ自身のテニスも、「打つコースがバレないように隠す」ことが本気で求められている

    テニスが上手くなる、試合に強くなる。うえで、このステップは絶対に欠かせない。そろそろ、自分が打っているボールがどうとか、そういうレベルを超えた考えを持っ…

  1. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?
  3. その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
  4. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に観るフェデラー選手の変化できる凄みとは?
PAGE TOP