守備

  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスの守りのショットが浮いてしまう方は、ココをチェック!

    スライスで、相手の攻撃を返す、粘る。こういう1本が、テニスの試合では本当に大事ですよね。でも、なかなかこのスライスが、思った通りにいかないという…

  2. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何となく」ラケット動作を止めて、当てにいくようなストロークになっている人は多いですよね。…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで、試合ではかなり拾えるポイント、が増えるはず。ダブルスの試合で、前衛でプレーすると…

  4. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

    ダブルスの試合で、相手のペースが速い時。攻撃されて苦しい時には、まずゆったり、一旦ペースを落としたいですよね。こういう時には、無理せず相手の後衛…

  5. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

    ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。ダブルスの試合で、ストレートケア、つまりは相手のストレートへのリターンやストロークを、守るという時。…

  6. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。こんな時に、ほとんどの人はパニックになって慌てて良い返球が出来ない。でも、ちょ…

  7. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どうやってブレイクの足掛かりを作っていくのか。このポイント、しっかり真剣に考えておかな…

  8. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

    ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。確かに、これは硬式テニスの基本。ラケット面を上向きにして、スライスをかけて相手を追い込んでいく。…

  9. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

    シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。でも、どうでしょう。実は相手の調子が良いだけで、そんなに実力差は無いのかも…

  10. ストローク

    深いボールの返球が出来ない人は、バウンドに合わせる癖を引きずってるだけ

    相手のストロークが深い時に、差し込まれてミスが増える。実は、失点の最も多い部類じゃないでしょうか?これを解消しないと、アナタ自身はいつまで経って…

  1. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない
  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
  3. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い
  5. テニス 技術

    リターン

    ダブルスの試合で使える、「踏み込んでストレートへブロックリターン!」を身に付けて…
PAGE TOP