リターン

  1. リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構こんなことありませんか?私は、自慢じゃないですがたくさんあります。でも・・・こんな当た…

  2. リターン

    サーブを入れることで精一杯な相手には、「タイミングを早くしたライジングでのリターン」が効果的!

    リターンのとき、よく観察して欲しいことがある。それは、対戦相手が「サーブにどれくらいのパワーをかけているのか」ということ。元々サーブが苦手そうな相手、で…

  3. 練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべきは相手のサーブ&ボレー。このファーストボレーが深く入ってくるのを許していては、リターン側…

  4. リターン

    リターンが安定しない人は、「相手サーブのインパクトの瞬間」をしっかり観ることで、絶対に改善出来る

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読めない・・・で反応が遅い人は、ココをまず意識してみる。劇的に反応が改善する可能性大、…

  5. リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出来る!

    「あぁ・・・結局、攻撃的にいけば良かった・・・」みたいな後悔、試合の中でする機会多いですよね。それって、ブレイクポイントでのとき、多くないですか?攻…

  6. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。それがサーブ&ボレーヤーです。自分のチームに同じようなプレイヤーがいないと・・・試…

  7. リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。けれどもなかなか打開策が見えて来ない人は、この基本を見直してみましょう。スウィングをハッキ…

  8. メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

    テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。学生、一般限らず、試合で勝てそうなオーラを出している選手って、なかなか少ない。もちろん、…

  9. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然と」待ち過ぎ。もっともっと、現実的に山を張る、ような意識大事です。初中級の方、中級レベ…

  10. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立っている。「しっかりポーチで、攻撃するぞ・・・」と思っても、その前に気を付けたいことが。…

  1. テニス セルフジャッジ

    その他

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい
  2. ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ
  3. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効…
PAGE TOP