過去の記事一覧

  1. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃないですか?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールでも習いますし、有効な攻撃であることに間違いはありません。でも、実際の試合ではどうで…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合は、極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確かです

    この理論、まぁ当たり前ですよね。「そもそも、1ゲームキープするのでいっぱいいっぱいなんですが・・・」という方も多いでしょう。今は、そうかも知れま…

  3. テニス メンタル

    戦術

    試合終盤に、消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、1日に4~5試合はある大会もたくさんありますからね。特にこの夏の時期、きっとアナタ…

  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、「打ったらラケットを身体に引き寄せる」くらいで良い

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。私の感覚では、学生の皆さんもすごくパッシングショットが上手い選手が多い。トップス…

  5. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

    ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。特に、強い選手とシングルスの試合をすると、そうですよね。やっと届いて、打点が後…

  6. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり、練習したりするのが好きでしたので、時間があればいつも公園で一人で遊んでました。も…

  7. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーをしっかり攻撃的に打ちたいなら、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボレー」です。この技術、ちょっと誤解されてしまいがちですが・・・ドライブボレーって、…

  8. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには、サーブ側の前衛の仕事が不可欠です

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイントを決める?もちろんそれも大事。でも、サーブ側の前衛だったら、ぜひこの仕事を意識し…

  9. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミングはいつ?

    皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。その中で、サーバーなら「カウントコール」も大事な仕事ですよね。でも、そんなときにコー…

  10. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「前後に走るとき」だと私は思います。試合慣れしていない選手ほど、横に意識が向いてしま…

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. ストローク

    「ミスした後のトップスピンストローク」をしっかりテニスの試合で打ち切る選手は強い…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考…
  3. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?
  4. メンタル

    「心技体で練習効率を上げなさい。」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫し…
  5. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ
PAGE TOP