過去の記事一覧

  1. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?

    私は、練習でこのシチュエーションで試合をしてました。最初は先輩からの提案で、「なんかやりにくいし、嫌だなぁ・・・」と思いながらやってたんですけど。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラット気味に展開しがちですからね。ダウンザライン、に打つ時にも基本はスピン。…

  3. その他

    希少種になること、は強くなるということ

    テニスだけじゃないですけど、「左利き」は優位とされていますよね。「いや、左利きの相手得意!」という方もいるでしょうが、やはり苦手にしている方は多い。…

  4. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を

    私が試合の中で、サイドごとに意識していること。もう、無意識に近い感じですが・・・良いリズム、を作りたいですからね。ポイントの場面、シチュエーショ…

  5. テニススクール

    コーチとの関係値も、アナタの大事な実力

    自分の実力、自分のテニス。何もそれは、アナタ自身のプレーだけに限ったことじゃありません。周りの人、仲間との関係だって、大事な実力。資産、…

  6. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブルスパートナーとしては頼もしい。大会の会場では、ほぼ「出る人、出ない人」に分かれて…

  7. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

    バックボレーのコントロール、みなさんどうでしょうか。何となく、ブレたり大事な場面で入らなかったりしないですか?クロス方向へ、バックボレーをしっか…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を見つければ、すごく楽になるんですよね。今回は、ご質問でも頂くケースが多かった「フォ…

  9. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

    ネットに出て来た相手には、足下を狙う。テニスにおける鉄則ですよね。試合の中ではある程度沈めておけばOKですが、もっともっと、進歩させていきたい。…

  10. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ

    試合の中で、ラリーが続いているのに相手に背中を向ける。これは、私は基本無しだと思っています。明らかに強く打たれるスマッシュのような場面、以外はで…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレーでは相手の「緩急」に気を付けないといけない
  3. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない
  5. テニス 並行陣

    ダブルス

    チェンジプレーで前衛に求められるのは、クロスコートを担当する勇気
PAGE TOP