過去の記事一覧

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。ですが実際、試合の中で上手く使えている人は少ない。なぜならそこには、試合ならで…

  2. テニス メンタル

    その他

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    自分のミスが増えるとき。皆さんは、どんな時ですか?それは試合中なのか、試合前なのか・・・その予兆は何か、あるのかどうか。「きっと、ある」…

  3. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかなか難しい部分はありますよね。でも、よく考えてみて下さい。実は自然に同じ感じ…

  4. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストロークとどこを変えるのか、そこを明確にしておきたい。私が試合で意識しているのは、このポイ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、試合を作ってチャンスを待つ。チャンスを待つ、しっかり準備していれば運を逃さない。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と決めて試合に入ろう

    以前にプロ選手の試合を生で観戦していたときに、感じたこと。実は・・・セカンドサーブの方が、ラケットを「振っている」選手が多いんじゃないか?という疑問。…

  7. テニス ボレー

    ボレー

    ファーストボレーまで頑張る、だけで並行陣で勝てるようになるはず

    ダブルスで頑張って並行陣、にトライしているけどリターンに押されてキープ出来ない。これは、今日本の多くの選手が悩んでいる問題でしょう。学生トップレ…

  8. テニス テニススクール

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

    試合に出ていれば、辛いことばかり。テニスを真剣に続けていれば、止めたくなる、逃げたくなる時期はある。色々なご意見があると思いますが、私は前にも書…

  9. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる

    ダブルスの試合、大事なのは「一人狙い」。あえて、このポイントに絞って、書いてみたいと思います。ダブルスにおいては、邪道?でも実際、こうや…

  10. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、しっかり肩を入れて上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バウンド、ギリギリで触って・・・しかもしっかりスライス回転をかけてストロークで返球、する機会…

レクタングル広告枠

スカイクレイパー広告枠

  1. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  2. ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備そのものが遅すぎる!…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでダウンザラインに展開するときには、「今いる自分のポジション」をしっか…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考です
PAGE TOP