サーブ

「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。

「高め、スライダー」

「低め、フォーク」

「ストレート、外低め」

みたいな声掛けを、ピッチャーからキャッチャーに向けて発してから、投げる。

これって、実は当たり前のようでテニスにも使える要素がある。

そう感じたので、今日は書いてみたいと思います。

 

「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

 


 

■どんな球種、コースを投げるのかを自分で宣言する

サーブでも、自分で打つコースをしっかり宣言する。

これって、大事なことだと思いませんか?

サーブ練習でも、自分で一言、「センター、スピン」とボソッと言ってから打つ。

こういう細かいこと、すごく大事だと思います。

なぜなら、自分自身で約束出来るし、成功なのか失敗なのかもハッキリする。

何気なく、何も考えないで打ちっぱなしでサーブ練習するのって、意味あるんでしょうか・・・?

 

■キャッチャーはいないけど、相手リターンを常にイメージ

野球では投げる相手、キャッチャーは味方ですよね。

テニスであれば、リターンする相手は敵。

敵な訳ですが、自分のサーブを拾ってくれる相手、とも言えます。

拾わせて、その次のボールから決めていくのには、ある種ポイントを一緒に作っている仲間のようなもの。

こう考えると、相手に打つサーブのコースと球種を伝えるの、大事だと思いませんか?

もちろん本当に伝えることはしませんが、伝えるつもりでボソッと一言発するの、私はオススメです。

 

■今のサーブ、自分で成功なのか失敗なのか・・・分かってる?

この方法で良いと思うのは、自分にとって打ったサーブがどうだったのか?の自覚が生まれること。

良かったのか、悪かったのか?

悪かったなら、コースなのか回転量なのか、球種なのか?

漠然とサーブを打っているだけでは、テニスの試合で勝てる相手なんて少ないですよね。

練習の中から、自分のサーブをしっかり採点して調子を見極めないといけない。

そんな工夫は、意外とテニス以外の競技に潜んでいるんです。

 

思った通りのコースに、思った球種で打ちたい。

サーブを自在に操れたら・・・と、誰でも考えますよね。

であれば、自在に操っているくらいの感覚、出来る出来ないは別として先に持ってしまいましょう!

声に出していると、不思議と自分がそこに打てるような気分になってくる。

こんなきっかけが、サーブが得意になる、第一歩です!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

    サーブ&ボレーで、意識したいこと。それは、自分がどの程度前に入…

  2. サーブ

    ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事

    ダブルスの試合で、どっちの選手からサーブを打つのか。みなさんは…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるようになる!

    テニスはサーブが難しい。上のレベルの選手と一般の人のレベルの差…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識とは?

    自分がサーブを打つ時に、リターン側の選手のどこを見るか?まずは…

  5. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

    試合でサーブが入らない。入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と…

  6. サーブ

    サーブは指先の神経が大事

    サーブでもう少し、パワーが欲しい。回転量を増やしたい、という…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来て…
  3. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合において、強いリターナー側にこそ、「前衛がネット近くまでポ…
  5. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」…
PAGE TOP