テニス メンタル

ボレー

テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハリを付けてみよう!

テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。

とは言え、上のレベルの相手に勝つには必ず、ネットプレーでのボレーが必要になります。

ストロークが得意な選手相手に、ずっと後ろで打ち合っていては相手の思うツボ。

アナタ自身、もっと上のレベルを目指すためにも、ネットプレーをポジショニングから見直してみませんか?

 

テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハリを付けてみよう!

 


 

■ネットプレーの難しさは、そのポジショニングにある

ボレーが苦手な人、それはアナタの思い込みに過ぎないかも知れません。

しっかり技術があっても、それを上手く使えるポジションにいないと、テニスでは返球が難しい。

ボールの種類も速い遅い、そして低い高いと様々。

ネットプレーではベースラインのようなある程度明確な「ポジションの基準」が分かりにくいので、つい悩んでしまいますよね。

必要なのは、基本となる知識と思い切った決断力です。

 

■ポジションによって、求められる技術は異なる

当然、ネットから遠い位置にいる場合は、球足が長いボレーが求められます。

そしてネット近くではしっかり決める、ポイントを終わらせるようなボレーの技術が求められ、この違いをはっきり感じてプレーすることが大事になります。

もちろんオールラウンドなプレーは必要ですが、実際の試合では「難しいポジションはあえて避けても良い」ことを覚えておきましょう。

つまり、サービスライン付近でのプレーは避けても良い

ゆっくり遅いボールでネット近くまで移動できれば、足元のボレーも打たなくて良い、という訳です。

「そんな無茶な・・・」と思う方は、まずシングルスでトライしてみて下さい。

浅いボールをゆっくりしたアプローチショットで前に行ければ、意外とネット近くまで一気に移動できるはずです。

 

■まずはとにかくたくさんのポジションに立って、失敗してみよう

さぁ、後はどんどんトライして失敗することです。

様々なコート上のポジションでは、そこで必要な技術も違いますし、その必要性はアナタ自身で感じることから全てが始まります。

いくらコーチに教わっても、このサイトで書いてあることを読んでも、アナタが実際にテニスコート上でネットプレーにトライしなければ意味がありません。

それも、試合で実践してこそ意味が有ります。

大事なのは、「技術練習に固執すること無く、ポジションを研究していく姿勢」だと私は思います。

 

セオリーは大事ですが、あえて疑ってみましょう。

ネットプレーは特に、アナタ自身の工夫が活かされます。

そして実際にテニスの試合で試してみると、ポジション一つで相手がどんな反応をするか、ぜひ確認してみて下さい。

考え方としては、相手に無理をさせてミスをもらうこと。

こちらはあまりリスクを冒さずに、相手に冒させること。

この感覚を、ポジショニングで調整できるように、ぜひ研究してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい3つのポイント

    ダブルスの試合は、サーブ&ボレーを使うケースが多い。並行陣でプ…

  2. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構…

  3. テニス サーブ

    ボレー

    フォアハンドボレーでポーチ!の裏技を教えます

    ダブルスの試合、フォアハンドボレーでポーチ!を打つときに、みな…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

    もしかしたら、基本から逸脱しているかも。でも、実際に私は必要だ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ

    「腰が引けてるよ!」というアドバイス、コーチからもらうケース多いんじゃ…

  6. テニス 技術

特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  2. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  3. ストローク

    打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る
  4. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
  5. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
PAGE TOP