その他

テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

テニスは必要となる道具が多い。

ラケットにガット、ウェアにシューズ、それを入れるバッグ・・・。

挙げていくと切が無いし、結構高価なものが多いですよね。

だからこそ、しっかり用具選びには真剣になりたい。

なぜならそれが、アナタの試合での結果に直結するからです。

初心者も経験者も関係無く、意識を高く持って知識と情報を得ることが大事です。

 

テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

■待っていても、必要な情報は入ってこない

今の時代、あらゆる情報はインターネットやSNS上から得ることが出来る。

テニスも例外ではありませんが、待っていてもアナタに必要な情報は得られないでしょう。

なぜなら、アナタのテニスはアナタにしか分からないから。

自分のプレーが現状どうで、どういう風に変えていきたいのか。

その意識をしっかり言葉に出来る、説明できることが大事です。

 

■人からもらうのは、あくまで意見でしかない

「こんなラケットが出たよ!」

「最新のガットは、こんなに高機能!」

と言って宣伝されていたりしても、あくまで作った側の意見でしかない。

実際に情報を得て、使ってみないことには何も始まりません。

「いや、今使っているラケットとガットで充分だから」と言う人は、向上心が無い。

もっともっと、新しい世界を自分で体感する野心を持ちましょう。

それくらい日々、テニスギアは進化していますし、アナタの助けになってくれる可能性を秘めているのですから。

 

■知らない、とは即ち弱いということ

知らない、ということに対してまずは強い危機感を持ちましょう。

私であれば、まず対戦相手のラケットとガットはチェックします。

フレームが厚いラケットであればフラット系かも?ガットがマルチガットっぽかったら、柔らかいプレーをしてくるかな・・・など、想定が立てられます。

間違っていても、修正すれば良い。

テニスギアに関して何も知識が無い、関心が低い、自分のこと以外に無頓着だと、それだけで試合に弱いということ。

自分で貪欲に、色々使ったり情報を得ておけば、実際の試合の現場で結構役立つものです。

 

学生の皆さんには自分でガットを張って欲しい。

「ガット張り機は高いし、技術も無いし・・・」という気持ちは分かります。

ですがせっかくですし、チャレンジしてみませんか?

環境を変えれば、興味関心の幅も広がります。

他にもみんなでテニスショップに行ってみる、試打ラケットを借りてみる。

何でもやり方はあると思いますので、ぜひトライしてみて下さい。

アナタの行動が、知識を得て試合の結果を変える。

これだけは、間違いないでしょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. その他

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこを突…

  2. テニス セオリー

    その他

    テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けていく

    「テニスにはセオリーという言葉がありますが、どこまでがセオリーですか?…

  3. テニス 観察

    その他

    興味が無いこと、湧かないことに、チャンスは転がっている

    新しいことに挑戦したい、自分を成長させていきたい。そう考えてい…

  4. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

    どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張し…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

    今回は少し、重たいお話を。いつも重たいと感じている方は、すみま…

  6. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます

    プロ選手でも一般の方の試合、学生さんの試合でも、試合終了後は握手をして…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本
  2. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  4. テニス 指導

    メンタル

    チャンスを活かせる人は、いつも気負い過ぎていない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います
PAGE TOP