テニス 戦術

戦術

「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに入る前の準備で決まります

テニスの大会が地上波で放送されると、本当に勉強になりますよね。

ATPファイナルでは、トップ選手同士、手の内を知り尽くしている中での戦い。

どんな作戦で準備して挑んでいるのか・・・を注目して観てみると、アナタ自身のテニスにもたくさん活かせるポイントがある。

さぁ、次は自分がテニスの試合で対戦するつもりで、対策を考えてみましょう。

 

「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに入る前の準備で決まります

 


 

■試合の中で、自分をどう演出していくか

相手が強ければ強いほど、テニスの試合では自分を演出していくことを意識しましょう。

「どんなプレーをする選手かな・・・?」と、まずは様子を見てくるようであれば、序盤にエネルギー全開で入って先制パンチを。

とにかく、「奇襲を早めに実施する」ことで、相手がどんなプレースタイルなのかを知ることが出来るのです。

奇襲とは、具体的にはネットダッシュ、サーブ&ボレーリターンダッシュドロップショット、などで変化を付けていくこと。

ネットプレーに対しては、ロブかパッシングか、前に落としたときには、打ってくるのかドロップで返すのか・・・を、アナタ自身から積極的にしかけて観察するようにしましょう。

ただ、漠然とラリーしていても、実力差があれば自然と押し切られて苦しくなってしまいます。

 

■奇襲を活かして生まれた弱点を攻める、そしてまた奇襲を!

ある程度相手の情報が溜まったら、弱点を徹底的に突きましょう。

格上相手ですから、苦しいのは百も承知。

だからこそ、自分から攻撃をしかけていかないといけません。

そして相手に「ココを攻めているぞ」と見せておけば、その逆のコースが空いてくるはず。

積極的に、再度奇襲を仕掛けていきましょう。

「最初は積極的だったけど、もうおとなしくなったな・・・」と相手が思ったときが、チャンスです。

そのタイミングでは逃さずにまた奇襲をしかけて、相手に主導権を渡さないようにしましょう。

 

■試合後半に、アナタの「武器」を1つ残しておくこと

ここまで順調に進めば、格上相手に何とかくらいついて4-4くらいまできているはず。

そこで最後に、1つ武器を用意しておきたい。

万策尽きて、良い試合でした・・・では、意味が無いのです。

サーブ&ボレー、リターンダッシュのどちらかは取っておいて、終盤に使いましょう。

またストロークのコースも、ダウンザラインを後半に使えると相手はそれまでのイメージが強く残ってますので、動けない可能性も高い。

厳しい戦いですが、武器を残しておくという作戦で試合のリズムを作れるよう、普段の練習試合から意識してみて下さい。

 

テニスの試合は、シナリオのある物語のようなもの。

脚本と主演は、アナタ自身です。

格上相手の戦いでは、自分から抑揚を付けて、リズムを作っていかないと一方的な試合になって終わるだけ。

勝ちたければ、常に相手をイメージしながら準備してみて下さい。

ATPファイナルも、その良い教材です!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である

    実力はあるのに、試合で結果が出ない。それを、「何となくメンタル…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう

    試合に勝ちたい気持ち、みなさん強いですよね。でも、これが強すぎ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

    テニスの試合、序盤が勝負。この重要性は何度も書いてきましたが、…

  5. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由

    テニスの試合は、失点と得点の繰り返し。これを、自分の中でどう捉…

  6. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される

    どんなスポーツにも、共通すること。そして「試合が上手い」選手が…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう
  2. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールを深く打っても損するだけ
PAGE TOP