テニス 戦術

戦術

「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに入る前の準備で決まります

テニスの大会が地上波で放送されると、本当に勉強になりますよね。

ATPファイナルでは、トップ選手同士、手の内を知り尽くしている中での戦い。

どんな作戦で準備して挑んでいるのか・・・を注目して観てみると、アナタ自身のテニスにもたくさん活かせるポイントがある。

さぁ、次は自分がテニスの試合で対戦するつもりで、対策を考えてみましょう。

 

「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに入る前の準備で決まります

 


 

■試合の中で、自分をどう演出していくか

相手が強ければ強いほど、テニスの試合では自分を演出していくことを意識しましょう。

「どんなプレーをする選手かな・・・?」と、まずは様子を見てくるようであれば、序盤にエネルギー全開で入って先制パンチを。

とにかく、「奇襲を早めに実施する」ことで、相手がどんなプレースタイルなのかを知ることが出来るのです。

奇襲とは、具体的にはネットダッシュ、サーブ&ボレーリターンダッシュドロップショット、などで変化を付けていくこと。

ネットプレーに対しては、ロブかパッシングか、前に落としたときには、打ってくるのかドロップで返すのか・・・を、アナタ自身から積極的にしかけて観察するようにしましょう。

ただ、漠然とラリーしていても、実力差があれば自然と押し切られて苦しくなってしまいます。

 

■奇襲を活かして生まれた弱点を攻める、そしてまた奇襲を!

ある程度相手の情報が溜まったら、弱点を徹底的に突きましょう。

格上相手ですから、苦しいのは百も承知。

だからこそ、自分から攻撃をしかけていかないといけません。

そして相手に「ココを攻めているぞ」と見せておけば、その逆のコースが空いてくるはず。

積極的に、再度奇襲を仕掛けていきましょう。

「最初は積極的だったけど、もうおとなしくなったな・・・」と相手が思ったときが、チャンスです。

そのタイミングでは逃さずにまた奇襲をしかけて、相手に主導権を渡さないようにしましょう。

 

■試合後半に、アナタの「武器」を1つ残しておくこと

ここまで順調に進めば、格上相手に何とかくらいついて4-4くらいまできているはず。

そこで最後に、1つ武器を用意しておきたい。

万策尽きて、良い試合でした・・・では、意味が無いのです。

サーブ&ボレー、リターンダッシュのどちらかは取っておいて、終盤に使いましょう。

またストロークのコースも、ダウンザラインを後半に使えると相手はそれまでのイメージが強く残ってますので、動けない可能性も高い。

厳しい戦いですが、武器を残しておくという作戦で試合のリズムを作れるよう、普段の練習試合から意識してみて下さい。

 

テニスの試合は、シナリオのある物語のようなもの。

脚本と主演は、アナタ自身です。

格上相手の戦いでは、自分から抑揚を付けて、リズムを作っていかないと一方的な試合になって終わるだけ。

勝ちたければ、常に相手をイメージしながら準備してみて下さい。

ATPファイナルも、その良い教材です!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと

    テニスの試合、そこには色々な武器を持った人、が来る。サーブであ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩いておこう

    テニスの試合では、同じ対戦相手と何度も戦うことになる。アナタが…

  3. 戦術

    試合で分からないときは、センター試験と一緒

    みなさんは、センター試験って受けた経験はありますか?もしくは…

  4. 戦術

    テニスは各カウントの、チームプレー

    テニスは個人競技、そして得点をゲームの中で積み上げていくルールです。…

  5. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

特集記事

  1. ダブルス

    「パートナーのためのファーストサーブ」を意識すれば、テニスのダブルスの試合でのキ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番
  4. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点
PAGE TOP