テニス サーブ

リターン

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。

そんなときに、相手のセカンドサーブは大きなチャンスになる可能性があります。

失敗しても良いので、ハッキリとした攻撃やアタックは、序盤で必ず見せておきましょう!

 

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

 


 

■テニスの試合での序盤の奇襲は最後まで根深く残る!

アナタも経験、無いですか?

序盤での奇襲からポイントを取られることは、テニスの試合において非常に嫌なもの。

そのイメージは、試合の後半まで引きずります。

序盤はセカンドサーブも入り辛く、甘くなってしまいがち。

ここを突いていかない手は、ありません。

 

■例え失敗しても良いから、ハッキリしたプレーを見せておく

「甘いといつでも、狙うよ」というメッセージを、相手にしっかり与えましょう!

目的は、サーバーに精神的なプレッシャーを与えること。

1ポイントを獲ることだけに執着すると、手堅い攻めになってしまいがち。

奇襲作戦ですから、リターンエースを獲るくらいの気持ちで挑むこと。

ハッキリとしたプレーを実践してみて下さい。

 

■0-40、15-40 のタイミングが仕掛けるタイミングとしてはベスト

奇襲でポイントを撮ってゲームを終えると、更に流れが来やすい。

実施しやすいカウントを、自分の中でも目星を付けておきましょう。

0-40、15-40ですと、相手もセカンドサーブは安全策で入れてきやすい。

しっかり回り込む、前に行くなどのプレーで、相手のチャージしていくこと。

プレーにメリハリを付ける、テニスに必要な勇気が求められます。

 

アナタが思っている以上に、相手はセカンドサーブに自信が無い。

シングルスの中級レベルであれば、「リターン側が有利」くらいの自信を持ちましょう。

最初はリターンミスになってしまってもOK。

試合で使えるオプション、武器として、こういったアタックの技術は磨いておいて損は無いです。

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  2. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局は…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  4. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

    相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。これ、結構多いと思…

  5. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?

    試合に出ていると、色々な相手と戦います。サーブが速い人、遅い人…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう

    昨日のウィンブルドンの死闘、ご覧になった方も多いと思います。前…

特集記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  2. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる…
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります
PAGE TOP