テニス サーブ

リターン

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。

そんなときに、相手のセカンドサーブは大きなチャンスになる可能性があります。

失敗しても良いので、ハッキリとした攻撃やアタックは、序盤で必ず見せておきましょう!

 

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

 


 

■テニスの試合での序盤の奇襲は最後まで根深く残る!

アナタも経験、無いですか?

序盤での奇襲からポイントを取られることは、テニスの試合において非常に嫌なもの。

そのイメージは、試合の後半まで引きずります。

序盤はセカンドサーブも入り辛く、甘くなってしまいがち。

ここを突いていかない手は、ありません。

 

■例え失敗しても良いから、ハッキリしたプレーを見せておく

「甘いといつでも、狙うよ」というメッセージを、相手にしっかり与えましょう!

目的は、サーバーに精神的なプレッシャーを与えること。

1ポイントを獲ることだけに執着すると、手堅い攻めになってしまいがち。

奇襲作戦ですから、リターンエースを獲るくらいの気持ちで挑むこと。

ハッキリとしたプレーを実践してみて下さい。

 

■0-40、15-40 のタイミングが仕掛けるタイミングとしてはベスト

奇襲でポイントを撮ってゲームを終えると、更に流れが来やすい。

実施しやすいカウントを、自分の中でも目星を付けておきましょう。

0-40、15-40ですと、相手もセカンドサーブは安全策で入れてきやすい。

しっかり回り込む、前に行くなどのプレーで、相手のチャージしていくこと。

プレーにメリハリを付ける、テニスに必要な勇気が求められます。

 

アナタが思っている以上に、相手はセカンドサーブに自信が無い。

シングルスの中級レベルであれば、「リターン側が有利」くらいの自信を持ちましょう。

最初はリターンミスになってしまってもOK。

試合で使えるオプション、武器として、こういったアタックの技術は磨いておいて損は無いです。

 

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう

    相手サーブが強力で、自分のサーブが入らない。そこで策が無いと、…

  2. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

  3. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
  2. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
PAGE TOP