テニス サーブ

リターン

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。

そんなときに、相手のセカンドサーブは大きなチャンスになる可能性があります。

失敗しても良いので、ハッキリとした攻撃やアタックは、序盤で必ず見せておきましょう!

 

テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

 


 

■テニスの試合での序盤の奇襲は最後まで根深く残る!

アナタも経験、無いですか?

序盤での奇襲からポイントを取られることは、テニスの試合において非常に嫌なもの。

そのイメージは、試合の後半まで引きずります。

序盤はセカンドサーブも入り辛く、甘くなってしまいがち。

ここを突いていかない手は、ありません。

 

■例え失敗しても良いから、ハッキリしたプレーを見せておく

「甘いといつでも、狙うよ」というメッセージを、相手にしっかり与えましょう!

目的は、サーバーに精神的なプレッシャーを与えること。

1ポイントを獲ることだけに執着すると、手堅い攻めになってしまいがち。

奇襲作戦ですから、リターンエースを獲るくらいの気持ちで挑むこと。

ハッキリとしたプレーを実践してみて下さい。

 

■0-40、15-40 のタイミングが仕掛けるタイミングとしてはベスト

奇襲でポイントを撮ってゲームを終えると、更に流れが来やすい。

実施しやすいカウントを、自分の中でも目星を付けておきましょう。

0-40、15-40ですと、相手もセカンドサーブは安全策で入れてきやすい。

しっかり回り込む、前に行くなどのプレーで、相手のチャージしていくこと。

プレーにメリハリを付ける、テニスに必要な勇気が求められます。

 

アナタが思っている以上に、相手はセカンドサーブに自信が無い。

シングルスの中級レベルであれば、「リターン側が有利」くらいの自信を持ちましょう。

最初はリターンミスになってしまってもOK。

試合で使えるオプション、武器として、こういったアタックの技術は磨いておいて損は無いです。

 

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

    テニスの試合で、大事なリターン。どんなに良いストロークや戦術を…

  3. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

    ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えた…

  4. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  5. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  6. リターン

    相手のサーブ攻略、意外と簡単です

    相手のサーブが返せないと、どんどん落ち込んでしまいますよね。シ…

特集記事

  1. 戦術

    決める力が無い、という勘違い
  2. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「お出迎えください・・・」テニスの試合で相手のアプローチショットを慌てずポイント…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活…
PAGE TOP