テニス ボレー

リターン

超スローサーブ、苦手にしてない?

試合に出ていると、色々な相手と戦います。

サーブが速い人、遅い人、アンダーサーブにクイックサーブ・・・。

でも、意外と苦戦するのって「超スローサーブ」じゃないですか?

打ち込めそうで、打ち込めない。

それは、アナタ自身に問題があるからです。

 

超スローサーブ、苦手にしてない?

 


 

1.サーブで判断、大きな間違い

どうしても、私たちはまず「サーブの威力」で人を判断します。

今日の相手のレベルは・・・こんな感じか、みたいな。

試合前にサーブ練習だけ、で本番開始のような試合も多いですからね。

ある意味、これは仕方ないところ。

だからこそ、注意が必要なんです。

超スローサーブ、相手はしっかり打った後に備えている。

アナタ自身は・・・これをどうリターンしていくのか、備えはありますか?」

 

2.強打しても、得点は出来ない

まず、相手は慣れています。

普段自分のサーブが遅い、叩かれることに慣れている。

ですから、簡単に強く打つだけなら決まらないし、カウンターが来てアナタ自身が危うくなる。

必要なのは、まずしっかり前のポジションに入ることでしょう。

超スローサーブは、ベースライン付近で待っていても打点が低くなるし、出来ることが限られて来る。

浅いサーブなら、もうサービスライン近くに立っても良い、それくらいの思い切りが欲しい。

その中で、打てるコースを複数用意する。

超スローサーブ対策には、これが基本です。

 

3.スローボールは、ドロップショットを打ちやすい

ボールの速度を、ほぼ同じ感じで打てますからね。

超スローサーブを、ドロップショットでリターンする。

軌道も近い感じ、で良いと思いますよ。

相手が強打に備えてサーブの後に少し下がっているようなら、更に狙い目。

アナタ自身も強打するような構えを少しだけ見せて、サッとドロップショットを打ってみましょう。

きっと相手は、不意を突かれて慌てるはず。

特に、女性サーブ相手にこれが出来ると、ミックスダブルスでも優位に立てます。

 

4.一発で攻めない、じっくり攻める

相手の超スローサーブ、じっくり料理していきましょう。

一発で決めようとしない、そのポイントを取得出来て、ブレイク出来れば良い。

それくらいの感覚で、アナタ自身準備していおく。

ドロップショットを打つ、深くも打つ、打ってから前に出てネットプレーも入れる。

たくさんの選択肢を相手に見せれば、きっと気持ちが引いてくれるはず。

じっくり攻めれば、大丈夫。

超スローサーブ、一番多いのは自滅ですからね。

 

侮ってはいけません、こういうサーブを。

試合では、しっかりと準備しておかないと。

男性の場合、ミックスダブルスでこういうサーブを打って来る女性、をどう料理するのか。

考えておかないと、痛い目に遭いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  2. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  3. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  4. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

    シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

  6. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
  2. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
  4. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
PAGE TOP