テニス ボレー

リターン

超スローサーブ、苦手にしてない?

試合に出ていると、色々な相手と戦います。

サーブが速い人、遅い人、アンダーサーブにクイックサーブ・・・。

でも、意外と苦戦するのって「超スローサーブ」じゃないですか?

打ち込めそうで、打ち込めない。

それは、アナタ自身に問題があるからです。

 

超スローサーブ、苦手にしてない?

 


 

1.サーブで判断、大きな間違い

どうしても、私たちはまず「サーブの威力」で人を判断します。

今日の相手のレベルは・・・こんな感じか、みたいな。

試合前にサーブ練習だけ、で本番開始のような試合も多いですからね。

ある意味、これは仕方ないところ。

だからこそ、注意が必要なんです。

超スローサーブ、相手はしっかり打った後に備えている。

アナタ自身は・・・これをどうリターンしていくのか、備えはありますか?」

 

2.強打しても、得点は出来ない

まず、相手は慣れています。

普段自分のサーブが遅い、叩かれることに慣れている。

ですから、簡単に強く打つだけなら決まらないし、カウンターが来てアナタ自身が危うくなる。

必要なのは、まずしっかり前のポジションに入ることでしょう。

超スローサーブは、ベースライン付近で待っていても打点が低くなるし、出来ることが限られて来る。

浅いサーブなら、もうサービスライン近くに立っても良い、それくらいの思い切りが欲しい。

その中で、打てるコースを複数用意する。

超スローサーブ対策には、これが基本です。

 

3.スローボールは、ドロップショットを打ちやすい

ボールの速度を、ほぼ同じ感じで打てますからね。

超スローサーブを、ドロップショットでリターンする。

軌道も近い感じ、で良いと思いますよ。

相手が強打に備えてサーブの後に少し下がっているようなら、更に狙い目。

アナタ自身も強打するような構えを少しだけ見せて、サッとドロップショットを打ってみましょう。

きっと相手は、不意を突かれて慌てるはず。

特に、女性サーブ相手にこれが出来ると、ミックスダブルスでも優位に立てます。

 

4.一発で攻めない、じっくり攻める

相手の超スローサーブ、じっくり料理していきましょう。

一発で決めようとしない、そのポイントを取得出来て、ブレイク出来れば良い。

それくらいの感覚で、アナタ自身準備していおく。

ドロップショットを打つ、深くも打つ、打ってから前に出てネットプレーも入れる。

たくさんの選択肢を相手に見せれば、きっと気持ちが引いてくれるはず。

じっくり攻めれば、大丈夫。

超スローサーブ、一番多いのは自滅ですからね。

 

侮ってはいけません、こういうサーブを。

試合では、しっかりと準備しておかないと。

男性の場合、ミックスダブルスでこういうサーブを打って来る女性、をどう料理するのか。

考えておかないと、痛い目に遭いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  2. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  4. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・…

  5. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

  6. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
  4. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合本番で起きること、は「全て毎日の練習」でも起きていることである
  5. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
PAGE TOP