テニス ボレー

リターン

超スローサーブ、苦手にしてない?

試合に出ていると、色々な相手と戦います。

サーブが速い人、遅い人、アンダーサーブにクイックサーブ・・・。

でも、意外と苦戦するのって「超スローサーブ」じゃないですか?

打ち込めそうで、打ち込めない。

それは、アナタ自身に問題があるからです。

 

超スローサーブ、苦手にしてない?

 


 

1.サーブで判断、大きな間違い

どうしても、私たちはまず「サーブの威力」で人を判断します。

今日の相手のレベルは・・・こんな感じか、みたいな。

試合前にサーブ練習だけ、で本番開始のような試合も多いですからね。

ある意味、これは仕方ないところ。

だからこそ、注意が必要なんです。

超スローサーブ、相手はしっかり打った後に備えている。

アナタ自身は・・・これをどうリターンしていくのか、備えはありますか?」

 

2.強打しても、得点は出来ない

まず、相手は慣れています。

普段自分のサーブが遅い、叩かれることに慣れている。

ですから、簡単に強く打つだけなら決まらないし、カウンターが来てアナタ自身が危うくなる。

必要なのは、まずしっかり前のポジションに入ることでしょう。

超スローサーブは、ベースライン付近で待っていても打点が低くなるし、出来ることが限られて来る。

浅いサーブなら、もうサービスライン近くに立っても良い、それくらいの思い切りが欲しい。

その中で、打てるコースを複数用意する。

超スローサーブ対策には、これが基本です。

 

3.スローボールは、ドロップショットを打ちやすい

ボールの速度を、ほぼ同じ感じで打てますからね。

超スローサーブを、ドロップショットでリターンする。

軌道も近い感じ、で良いと思いますよ。

相手が強打に備えてサーブの後に少し下がっているようなら、更に狙い目。

アナタ自身も強打するような構えを少しだけ見せて、サッとドロップショットを打ってみましょう。

きっと相手は、不意を突かれて慌てるはず。

特に、女性サーブ相手にこれが出来ると、ミックスダブルスでも優位に立てます。

 

4.一発で攻めない、じっくり攻める

相手の超スローサーブ、じっくり料理していきましょう。

一発で決めようとしない、そのポイントを取得出来て、ブレイク出来れば良い。

それくらいの感覚で、アナタ自身準備していおく。

ドロップショットを打つ、深くも打つ、打ってから前に出てネットプレーも入れる。

たくさんの選択肢を相手に見せれば、きっと気持ちが引いてくれるはず。

じっくり攻めれば、大丈夫。

超スローサーブ、一番多いのは自滅ですからね。

 

侮ってはいけません、こういうサーブを。

試合では、しっかりと準備しておかないと。

男性の場合、ミックスダブルスでこういうサーブを打って来る女性、をどう料理するのか。

考えておかないと、痛い目に遭いますよ。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  2. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

    ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。良いサーブを持っ…

  3. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  4. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  6. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識してい…
  3. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てま…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく
  5. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
PAGE TOP