テニス ボレー

日々の雑記

「自分はこんなもの」と、どこかで決め付けてない?

ゴールデンウィークの連休、みなさんいかがお過ごしでしたか?

試合に出た方、新しい練習会に参加した方、ゆっくりとテニス以外で過ごされた方、たくさんいらっしゃると思います。

私自身も、2つの草トー大会に出て来まして、今日は朝から身体バキバキです。

でも、またたくさんの気付きがあり、もちろん悔しさもあり、また頑張っていこう!と思えた連休になりました。

 

そうこうしているうちに、遠くトルコからはダニエル太郎選手のATP大会初優勝のニュースが飛び込んできましたね!

男子日本人選手としては4人目の快挙、凄いです、本当に。

元々出場するはずではなかった大会のようで、まさにチャンスを掴んだ、という感じですよね。

こういうのって、プロの世界だけじゃない、私たちの世界でも大事な要素だと思います。

 

私自身、先週に試合に出ていて感じたんですが、どこかで「自分はこんなもの」と思ってしまう。

相手の実力と比較して、また出ている大会のレベルなんかを考えたりして・・・。

そう思う方が、楽ですしね。

でも、今回のダニエル選手のように壁を打ち破っていける人って、どこかで自分のネジを外している。

「こんなもの、じゃないはず!」と、強く思える人が結果を出していく。

ダニエル選手の試合を過去に何度か見たことがありますが、面白いように相手が途中で試合を諦めていくんですよ。

粘りのプレーは本当に凄いですから、「もう良いか・・・こんなもんで」と、相手が根負けしていく。

これって、私たちの試合でも一緒だと思うですよね。

いつでも、「自分はこんなもの」という誘惑に満ちている。

そう感じそうになったら、選手としては黄色信号でしょう。

 

連休はいつもの日常とは違う、ちょっとワクワクする期間だったと思います。

でも、私たちのテニスを強くしていくには、この日常から「こんなもの」と感じる自分を凌駕していかないと。

テニスの練習もそうですし、それ以外の部分でも。

自分の成長を止めるのは、いつだって自分自身、ですからね。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスを、人に決めてもらってない?

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!そろそろ年始、み…

  2. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

    それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。高…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

    気が付けば、もうあっという間に2月・・・。大雪に見舞われて大変…

  4. 日々の雑記

    誰も見ていない場所、コートから離れた場所で

    1月8日は成人の日、ですね。実は私、実際に自分が20歳の頃にこ…

  5. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?

    今日は有明テニスの森公園に行く機会があり、関東学生テニストーナメントを…

  6. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?

    いよいよ、今夜は日本もワールドカップの初戦ですね。普段テニスを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  2. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる
  3. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う
  4. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?
  5. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
PAGE TOP