テニス ボレー

ボレー

試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。

スライス回転がかかって、深く相手コートに打ってチャンスを広げる。

こういうボレーに必要なコツ、意外と簡単です。

手先でどうこうする、のではなく、しっかりと安定感のあるバックハンドボレー、一緒に磨いていきましょう!

 

試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

 


 

1.手首の形を決めて崩さない

これは、片手でも両手でも一緒、です。

手首とラケットの形をしっかり決めて、打つ前から打った後、まで崩さない。

これが難しいんですよね・・・つい、形を崩してスライスをかけたくなってしまいますから。

ここを動かす癖がついている人は、いつまで経っても不安定なまま、でしょう。

 

2.打点の上から入って、ボールの下側を触る

これが、スライスボレーの基本です。

打点に対して、しっかりとラケットを高い位置から入る。

そして、ボールの後ろから下側を触ってスライス回転をかけていく。

こねまわす、のではなくしっかりと肩から先の動きを大きく、意識しましょう。

ラケットのセット、準備では、とにかく高さを出すこと。

アナタが思っている以上に、ラケットって上がっていないものですよ。

 

3.余裕があれば、前に踏み込む

抑えが効いたボレー、に下半身は付き物。

でも、毎回踏み込める訳ではないですからね。

しっかり、余裕があるとき、で良いと思います。

反応するので必死なときには、まずはしっかり合わせる、打点に集中する。

フワッとしたボール、で前に詰めれるときには、横向きを作りながらしっかり上から入って抑えていく。

この意識が大事ですね。

 

4.ハイボレーはサイドスライスで

高い位置のバックボレー、はどうでしょう。

両手だとリーチも出ないし、弾かれるようで辛いですよね。

これも、しっかりボールの横、外側を捕らえることが出来ると、自然と抑えの効いたサイドスライスになってくれて便利です。

利き腕の小指、から前に出していってボールの外側を触ってスライス回転をかける。

ここでも、手首の形はキープして、腕全体で抑えていくイメージでいきましょう。

 

5.スライス回転、切り過ぎない

実は、ここが大きなポイント。

スライスボレーを打とうとして、切り過ぎているような人、本当に多いんですよね。

切り過ぎたスライスはアウトする可能性も高いし、少し打点を間違うと相手にチャンスボール、のような感じの返球になりがちですから。

スライス回転はかけるけど、回転量は多くない、フラットに近い感じで良いと思います。

あくまで、上から入ってボールの下に抜ける、から自然にバックスピンがかかる感じ、ですね。

ぜひ、このあたりは上手い人のボレーの軌道、回転量、を参考にしてみて下さい。

 

バックボレーの方が、こういう抑えを効かせやすい。

可動域が少ない分、安定すると思いますよ。

ちょっとしたコツ、を意識するだけで、バックボレーの苦手意識はなくなるはず。

まずは練習から、どんどん積極的に使ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、難し…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

  3. ボレー

    ボレーの感覚が、どうしても掴めない方へ

    攻撃的なボレーを打ちたい、だけど…。どうしても感覚が掴めない…

  4. テニス メンタル
  5. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう

    ダブルスの試合で、ボレー同士の打ち合いになる。こういう場面でポ…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番
  2. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である
  3. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン…
  4. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!
  5. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく
PAGE TOP