テニス ボレー

ボレー

試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。

スライス回転がかかって、深く相手コートに打ってチャンスを広げる。

こういうボレーに必要なコツ、意外と簡単です。

手先でどうこうする、のではなく、しっかりと安定感のあるバックハンドボレー、一緒に磨いていきましょう!

 

試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

 

1.手首の形を決めて崩さない

これは、片手でも両手でも一緒、です。

手首とラケットの形をしっかり決めて、打つ前から打った後、まで崩さない。

これが難しいんですよね・・・つい、形を崩してスライスをかけたくなってしまいますから。

ここを動かす癖がついている人は、いつまで経っても不安定なまま、でしょう。

 

2.打点の上から入って、ボールの下側を触る

これが、スライスボレーの基本です。

打点に対して、しっかりとラケットを高い位置から入る。

そして、ボールの後ろから下側を触ってスライス回転をかけていく。

こねまわす、のではなくしっかりと肩から先の動きを大きく、意識しましょう。

ラケットのセット、準備では、とにかく高さを出すこと。

アナタが思っている以上に、ラケットって上がっていないものですよ。

 

3.余裕があれば、前に踏み込む

抑えが効いたボレー、に下半身は付き物。

でも、毎回踏み込める訳ではないですからね。

しっかり、余裕があるとき、で良いと思います。

反応するので必死なときには、まずはしっかり合わせる、打点に集中する。

フワッとしたボール、で前に詰めれるときには、横向きを作りながらしっかり上から入って抑えていく。

この意識が大事ですね。

 

4.ハイボレーはサイドスライスで

高い位置のバックボレー、はどうでしょう。

両手だとリーチも出ないし、弾かれるようで辛いですよね。

これも、しっかりボールの横、外側を捕らえることが出来ると、自然と抑えの効いたサイドスライスになってくれて便利です。

利き腕の小指、から前に出していってボールの外側を触ってスライス回転をかける。

ここでも、手首の形はキープして、腕全体で抑えていくイメージでいきましょう。

 

5.スライス回転、切り過ぎない

実は、ここが大きなポイント。

スライスボレーを打とうとして、切り過ぎているような人、本当に多いんですよね。

切り過ぎたスライスはアウトする可能性も高いし、少し打点を間違うと相手にチャンスボール、のような感じの返球になりがちですから。

スライス回転はかけるけど、回転量は多くない、フラットに近い感じで良いと思います。

あくまで、上から入ってボールの下に抜ける、から自然にバックスピンがかかる感じ、ですね。

ぜひ、このあたりは上手い人のボレーの軌道、回転量、を参考にしてみて下さい。

 

バックボレーの方が、こういう抑えを効かせやすい。

可動域が少ない分、安定すると思いますよ。

ちょっとしたコツ、を意識するだけで、バックボレーの苦手意識はなくなるはず。

まずは練習から、どんどん積極的に使ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    試合で勝ちたければ、「ボレーは少しボールの下を触って山なり」に変えていこう

    試合で勝つために、必要なボレー。もしかしたら、それはアナタ自身…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワークとは?

    ダブルスの前衛で、結局ポーチに出れないし、ストレートも抜かれる・・・。…

  4. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考える

    「ボレーで足元にボールが来た時、ノーバウンドかハーフボレー、どっちの方…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にすることで壁が出来る!

    フォアハンドストローク同様に、フォアハンドボレーも簡単なようで難しい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに…
  2. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと
  3. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているの…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと
PAGE TOP