テニス ストローク

ボレー

バックハンドボレーは、スライス?フラット?

今回、アンケートのご質問の中から。

バックハンドボレーの当たり、回転がイマイチ分からない・・・という方。

フラット気味?スライス回転?

この問題は、打つ場所によって変わってくると思います。

 

バックハンドボレーは、スライス?フラット?

 


 

1.ネットに近い場所なら、フラットで当てよう

私の感覚ですが、ネットに詰めたときはフラットに近い当たり、にしたい。

スライス回転をかけると、アウトしてしまう可能性も高いですからね。

パチン!と叩いて、コンパクトに打つ、フォロースルーを小さくする。

これは、片手バックハンドで特に大事です。

逆に、ネットから離れた場所なら飛距離を出さないといけないので、スライス回転をハッキリかける。

このグリップチェンジ、私は片手バックハンドの方は必須だと思います。

つまり、フラットもスライスも両方必要、ということですね。

 

2.グリップチェンジ、を工夫しよう

得に、ポーチの時ですね。

ポーチに出たら、しっかりネットに詰めると同時にフラット気味で弾かれないようなグリップにしたい。

この部分、自分でぜひ調整してみて下さい。

しっかり下に飛ばすボレーなのか、飛距離を出す山なりなボレーなのか。

勇気を持ってグリップを変える事、で全ては変わってくると思います。

ぜひ、チャレンジじしてみて下さい。

 

3.両手バックボレーの方は、ハッキリとスライスかドライブボレー

これは、私の提案です。

両手バックボレーの方は、ハッキリとスライスをかけるか、ドライブボレーのスピン、どちらかで良い。

もちろん、フラット気味のボレーも良いと思いますが、思い切ってスピン回転をかけるドライブボレー、も有りだと思いますよ。

フワッと上がったボールは、ドライブボレーで叩いていく。

グリップチェンジが大変ですが、その分当たった時の威力があるはず。

学生の方だけじゃなく、ベテラン・シニアの方にもオススメです。

 

4.まずはスライスボレーを磨こう!

試合を作る、ラリーを組み立てるボレーは基本はスライス。

この回転をしっかり覚えて、その応用として詰めてのフラット、ドライブボレー。

このスタンスで練習して良いと思います。

練習するコツは、ネットから離れた位置でボレーを継続出来るように、ボレー対ストロークの練習をしっかり行うこと。

立つ位置はサービスラインの一歩内側、くらいで良いと思います。

相手をしっかり追い込む、圧迫感のあるボレーが打てているかどうか、相手の反応を常にチェックしてみましょうね。

 

スライス回転、きっとアナタ自身が思っているよりも「もっとハッキリ、強く」で良いと思います。

スピードよりも、バウンド後の威力を優先しましょう。

深く、しっかりスライスのボレーが入れば、次はきっとロブの可能性が高い。

この組み合わせでしっかり、ポイントを取得出来るように頑張りましょう!

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

    普段皆さんも実践しているであろう、ボレー同士のラリー、ボレーボレー。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる

    ネットプレーでのスピード感。何度も、打った後の「構え直し」が大…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。…

  5. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる

    ボレーが苦手って思ってる人は、どんなミスしてるだろう。ネットに…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
  5. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
PAGE TOP