テニス ストローク

ボレー

バックハンドボレーは、スライス?フラット?

今回、アンケートのご質問の中から。

バックハンドボレーの当たり、回転がイマイチ分からない・・・という方。

フラット気味?スライス回転?

この問題は、打つ場所によって変わってくると思います。

 

バックハンドボレーは、スライス?フラット?

 

1.ネットに近い場所なら、フラットで当てよう

私の感覚ですが、ネットに詰めたときはフラットに近い当たり、にしたい。

スライス回転をかけると、アウトしてしまう可能性も高いですからね。

パチン!と叩いて、コンパクトに打つ、フォロースルーを小さくする。

これは、片手バックハンドで特に大事です。

逆に、ネットから離れた場所なら飛距離を出さないといけないので、スライス回転をハッキリかける。

このグリップチェンジ、私は片手バックハンドの方は必須だと思います。

つまり、フラットもスライスも両方必要、ということですね。

 

2.グリップチェンジ、を工夫しよう

得に、ポーチの時ですね。

ポーチに出たら、しっかりネットに詰めると同時にフラット気味で弾かれないようなグリップにしたい。

この部分、自分でぜひ調整してみて下さい。

しっかり下に飛ばすボレーなのか、飛距離を出す山なりなボレーなのか。

勇気を持ってグリップを変える事、で全ては変わってくると思います。

ぜひ、チャレンジじしてみて下さい。

 

3.両手バックボレーの方は、ハッキリとスライスかドライブボレー

これは、私の提案です。

両手バックボレーの方は、ハッキリとスライスをかけるか、ドライブボレーのスピン、どちらかで良い。

もちろん、フラット気味のボレーも良いと思いますが、思い切ってスピン回転をかけるドライブボレー、も有りだと思いますよ。

フワッと上がったボールは、ドライブボレーで叩いていく。

グリップチェンジが大変ですが、その分当たった時の威力があるはず。

学生の方だけじゃなく、ベテラン・シニアの方にもオススメです。

 

4.まずはスライスボレーを磨こう!

試合を作る、ラリーを組み立てるボレーは基本はスライス。

この回転をしっかり覚えて、その応用として詰めてのフラット、ドライブボレー。

このスタンスで練習して良いと思います。

練習するコツは、ネットから離れた位置でボレーを継続出来るように、ボレー対ストロークの練習をしっかり行うこと。

立つ位置はサービスラインの一歩内側、くらいで良いと思います。

相手をしっかり追い込む、圧迫感のあるボレーが打てているかどうか、相手の反応を常にチェックしてみましょうね。

 

スライス回転、きっとアナタ自身が思っているよりも「もっとハッキリ、強く」で良いと思います。

スピードよりも、バウンド後の威力を優先しましょう。

深く、しっかりスライスのボレーが入れば、次はきっとロブの可能性が高い。

この組み合わせでしっかり、ポイントを取得出来るように頑張りましょう!

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

    深いボレーで相手を追い込む。サーブ&ボレーからの並行陣、まず深…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い…

    ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャ…

  5. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

  6. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しま…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
  3. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  4. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード
  5. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり
PAGE TOP