テニス メンタル

メンタル

誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差があります

人の話を聞いているのか、どうなのか。

これは、会話の中ですぐに分かります。

テニスのアドバイスにおいても一緒でしょう。

きっと、耳でしか聞いていない人は、3歩も歩けば忘れているでしょうから。

 

誰かのアドバイスを耳で聞くのか、心で聴くのかでは、天と地ほどの差があります

 

アドバイスを聞いている人は少ない、「聞こえている」だけ

皆さんも、経験あると思います。

私もそうでした。

「そんなの、言われなくても分かってるよ・・・」と思うと、アドバイスは聞こえない。

実際は聞こえるんですが、心で聴こうとしていないので、そのまま流れていくだけ。

もちろん、アドバイスの仕方や信頼関係を築けていない相手側にも問題はあるのですが、その前に自分のスタンスはどうなのか。

しっかりと心を開いて、相手を受け入れる。

この意識が無いと、誰もアドバイスをくれなくなる日が来るのは明白です。

 

心で聴く、とは先入観を無くすこと

テニスだけじゃない、勉強や仕事、プライベートの会話でもそうです。

私たちは、相手と話す前から「この人は、こういう人」という感覚で観てしまう、聞いてしまう。

これはすごく、怖いこと。

だってそのフィルターがある限り、すごく良い、最高のアドバイスすら「逃してしまう」可能性が高くなる。

せっかく自分のことを想ってくれているのに、自分が素通りしてしまう・・・ことも、たくさんあるでしょう。

まずは、真っ新な心で聴いてみる。

そして聴いたことで感じたことを、伝えてみる。

これがコミュニケーションの基本です。

 

コミュニケーションは回数じゃない、深さが大事

テニスの上達においても、色々な人からアドバイスをもらう、指導を受ける、仲間と話すことはすごく大事。

でもそれって、回数が多ければ良いかと言えば、ちょっと違う。

私は回数、よりも深さを重視したい。

しっかり心で聴いて、自分で感じたことを相手に伝える。

毎日会話しなくても、しっかりお互いの心で聴き合い、感じ合うようなコミュニケーションが、テニスの上達には不可欠です。

きっと、アドバイスしている側も不安なんですよ。

「本当に、分かってくれてるのかな・・・?」

「指摘されて、不満に思っているだろうな・・・」と。

違うと感じれば、そう伝えれば良い。

しっかりと、真っ新な心で聴いてみて持った感想が、アナタの答えなのですから。

 

毎日同じようなメンバー、でテニスをしていると、どうしても「しっかり聴く」ということが無くなりがち。

言わなくても分かる、今更話すことも無い・・・と思っていませんか?

もしかしたら、コーチや先生もそう思っているかも知れません。

「人からのアドバイスを、心で聴いてみよう」と、アナタが意識すれば世界が変わります。

 

今回のまとめ

「聴いている」のと「聞こえる」では、テニスでも意味が全く違ってくる

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

    テニスの試合は、必ず勝敗がつく。あの全豪オープン決勝、フェデラ…

  2. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へ贈りたいメッセージ

    以前実施したアンケートの中で、3名の方から頂いたご質問・・・よりもお悩…

  3. メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策5つ

    毎日毎日、精神も身体も充実してテニスの練習が出来ている人。私はそん…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になって現れる

    テニスというスポーツは、上達に個人差が大きい。色々なスポーツ、…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識が大事

    練習で強い人、良いボールを打てる人は五万といる。テニスの世界で…

特集記事

  1. テニス アームカバー
  2. テニス 縄跳び
  3. テニス 書籍
  4. テニス タオル
  5. テニス 皮膚
  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせて…
  2. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠か…
  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ
  5. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになってい…
PAGE TOP