練習メニュー

「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバランスボール。

1,000円くらいで購入できて、面白そうだけどどんなトレーニングに活用すれば良いのか・・・を、悩んでいる方も多いと思います。

テニスに必要なトレーニング、このバランスボールがあれば効果的に自宅で行うことが出来るのです!

女性の方でも、体力に自信の無い方でも、まずは一度やってみましょう!

きっと今のテニスから、一段レベルアップできるはずです!

 

「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

 


 

■まずは座って、500mlのペットボトルを2本準備する

まずはバランスボールの上に背筋を伸ばして座って、両手で1本ずつ、500mlの水の入ったペットボトルを持って下さい。

そのままゆっくり腕を水平に上に移動して、肩の高さまでもってきて、その後ゆっくり下に降ろす。

この動作を、10回×3セット、まずは継続してやってみましょう。

「軽いし簡単・・・」と思っても、徐々にきつくなってくるはず。

背筋をしっかり伸ばして、目線はしっかり前を向いてやってみましょう!

 

■バランスボールの上でサーブの動作を練習

バランスボールの上に座って、まずはラケットを持たないでサーブの素振りをしてみましょう。

バランスを崩さずに、上手くできますか・・・?

ボールが左右に揺れたりしないように、しっかりと身体の軸を意識して保てるようにするには、腹筋と背筋が必要。

慣れてきたら、ラケットを持ってゆっくり振ってみましょう。

その後にトスアップの動作も入れて実践できると、とても効果的です!

素振りも回数をしっかり決めて、達成できるよう取り組みましょう。

30回×2セット、くらいが毎日繰り返すには良い数値です。

 

■腕立て伏せも、バランスボールが使える!

通常の腕立て伏せも、バランスボールを使うことでよりテニスに効果的なトレーニングになります。

足をバランスボールの上に乗せて、腕は床について腕立て伏せをしてみて下さい。

最初はすごく、難しいはず。

足を固定できていないので、腹筋で軸を保たないといけないので結構疲れます。

男子なら20回×2セット、女子ならその半分をまずは目安に、継続してみましょう。

 

バランスボールで身に付くのは、調整力。

不安定な上に座って実施するので、自然に自分の身体を調整する力は身に付いていきます。

自宅で行うトレーニングは、楽しさが無いとなかなか続かない。

バランスボールを使って自分の身体と会話するようにトレーニングすると、楽しいです。

ぜひ一度近所のスポーツショップ等で買ってみて、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢を与えてみよう

    球出しからのラリー練習、皆さんでも実践している方は多いと思います。…

  2. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

    テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。特に学生の皆さん…

  3. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう

    テニスは教わるもの?もちろん、そうやって始めてみんな最初は上達…

  4. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です

    テニスの攻守は、切り替えが激しい。そもそもサッカーやバスケのよ…

  5. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう

    テニスについて、考える。「ちゃんと考えてるよ!」と言う人もいる…

  6. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

    シングルスの試合は、ストロークラリー中心。なプレースタイルの方…

特集記事

  1. テニス リターン

    メンタル

    相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  3. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出…
  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識す…
PAGE TOP