テニス ボレー

ボレー

安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?

私の経験上、「ボレーしか出来ません」という人は、大抵ストロークも上手いしてにすの上級者。

でもボレーに、ネットプレーに自信がある人のプレーって、観ていると実はとてもシンプルだったりします。

よく観察してみると、その秘密はきっとアナタにも分かるはず。

今回は安定感のあるネットプレイヤーに共通する、「ある秘密」について考えてみたいと思います。

 

安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

 


 

■時間に余裕が無いネットプレーは、出来るだけシンプルに

レベルが高いラリーになると、ストロークのスピードは120kmを軽く超えます。

フラット系のショットはもちろん、スピンやスライスで沈めてくる相手に対して、今のテニス界はネットプレイヤーにとって辛い時代。

だからこそ、出来るだけ「シンプルに」「素早く」が大きなテーマになってきます。

その為に、意識することは何か?

出来るだけ「ラケットを動かさないこと」に尽きると思います。

 

■構えがしっかりしていれば、後の主役は下半身

しっかりラケットを身体の前でセット、少しバックボレー側の面を相手に向ける。

この構えが出来ていれば、ボールが飛んで来るとその軌道の延長線上にセットするだけ。

後の主役は下半身です。

踏み込んで横向きを作れば、ラケットはそれほど動かさなくても充分に良いボレーが打てます。

慌てて後ろに引いたり、足が止まってしまうから安定感が無くなってしまう。

自分で自分を難しくしているようなプレーは、特に学生の皆さんに多いような気がします。

 

■顔の横にラケットをセット、視界から消えないように

自分の視界からラケットが消えてしまうと、それはテイクバックが大き過ぎ。

顔の横にセットする、低い打球には自分の目線が低くなる。

その意識を持って、ラケットだけで反応しないようにしましょう。

ボレー自体に苦手意識があると、身体が動いていかずにラケットだけの反応になってしまうので、注意が必要です。

 

今回ご紹介した秘策は、主に速いボールや余裕が無い時を想定しています。

遅くてゆるいボールをボレーするときには、実際にはラケットをしっかり上から動かすような場面もあるでしょう。

ですがこの基本があったうえで、あえてラケットを動かすというような意識を持ってみると、ボレーはすごく楽になります。

テニスの試合は、長く険しい。

楽して体力を温存できる部分は、自分でしっかり工夫していきたいですね。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショットから崩すと効果的です…

    現代のシングルスの戦い方は、どんどん奇襲でのネットプレーは増えているよ…

  2. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレー…

  3. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

    これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。もち…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  5. ボレー

    「駆け抜けポーチ」を、卒業しよう!

    ダブルスの試合で、勝ちたい!前衛でポーチボレーを決めたいなら…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不可欠です

    テニスのラリーは、速い、遅いが瞬時に切り替わる。相手が打って来…

特集記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  2. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる
  3. ダブルス

    相手の前衛の影響範囲は、相手によってかなり違うという事実
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント…
  5. テニス リターン

    ストローク

    クロスからダウンザラインへのストロークの展開は、「ライジングショットでシンプル」…
PAGE TOP