練習メニュー

  1. 練習で成果を出すには、何が必要?

    練習で試合に強くなる、成果を出したいと考えているみなさん。何が必要か、そりゃもうたくさんある・・・と、思いますか?もちろん、挙げていけばキリが…

  2. 毎回変わらない練習、何が起きるか分からない試合

    試合と練習、明確な違いは何か。私は、基本はこれだと思います。どうやっても、練習は毎回近しいものになる、それは仕方のないことでしょう。だ…

  3. テニス ダブルス

    練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか

    練習で上手そうに見えても、試合で弱い人。こういう人は、実は練習からある共通点があります。言い方は悪いですが、上手いのではなく「上手そうに見えるだ…

  4. 「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

    良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。こういう経験、みなさんもあると思います。「何でだろう、練習より全然弱い相手なのに・・・」と感じたら…

  5. 練習で上手くなる、という発想は危険

    テニスは練習で上手くなる。これは、ある意味危険な発想だと私は思います。日本って練習大好き、な環境で育って来てますから。この当たり前とも思…

  6. 素振りとは、実は振る練習ではない

    テニスの基本練習、素振り。みなさんも、家や試合前で取り組んでいる方も多いと思います。この練習、ただ振るだけでは実戦的とは言えないでしょう。…

  7. 週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得

    テニスの練習、みなさんはどれくらいのペースで続けてますか?波はあると思いますが、週1回程度という方が、読者のほとんどじゃないでしょうか。そうなる…

  8. テニスの練習を、自らリードしていける選手になろう

    学生時代は、部活やサークルで練習。社会人からは、テニススクール、でテニスを頑張っている方は多いと思います。こういうチームの中にいると、いつでも練…

  9. テニス 練習

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りにもいると思います。「なんであの人は、あの打ち方で入るんだろう」と、疑問に思…

  10. テニス 客観視

    部活やサークルで、「指示待ち集団」になっているみなさんへ

    テニスを練習するチーム、みなさんも所属している方が多いと思います。学生から社会人、主婦のみなさんまで、その形態は様々でしょう。でも、ついこんな感…

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「スタンスの使い分け」テニスのストロークのスタンスは、結局どれが良いの?
  2. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る
  3. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い
PAGE TOP