練習メニュー

  1. テニス 部活

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で繋がっている

    「自分たちのチームが、なかなか強くならない・・・」「教えてくれる人がいないから、勝てなくても仕方ないか・・・」と、諦めてしまっている人、多くない…

  2. 上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している

    テニスの上達において、本当に必要なものは何なのか。極論を言えば、それは「自分自身で、上達していく力を付ける」ことだと思います。ですが残念なことに…

  3. テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です

    テニスの攻守は、切り替えが激しい。そもそもサッカーやバスケのように、どちらかのチームがボールを保持しているのではなく、ラリーの中で打ち合う競技。…

  4. テニス メンタル

    いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が足りない

    「この練習、実際身になっているのか?」「実際に上達につながるのか・・・」という不安、皆さんの中にはありますか?全く無い、という方は・・・…

  5. テニス 練習

    テニスの練習では、「コートを分割した状態でも、自分の守る範囲」を強く意識しないとダメ

    1面に10人、20人で練習をする。テニスコート全体を使えないこと、皆さんの環境でも多いと思います。都内のスクールでもそうですし、公立校のテニス部…

  6. テニス フットワーク

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

    今回は、久々に練習メニューの紹介を。意外と試合で使えると有効なロブボレー、相手がネットにいる状態からボレー戦に持ち込んで、フッとロブボレーをしかけていく…

  7. テニス 練習

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う

    読者の皆さんは、色々な環境でテニスを頑張って練習しているかと思います。部活でガッツリ、サークルで週3回くらい、テニススクールで週1回くらい・・・と、頻度…

  8. テニス マナー

    部活の練習で、「試合に近い環境で勝負勘を養う」為には、ポイントシチュエーションを設定しよう!

    「練習と試合のシチュエーションを近づける」ことが出来ると、きっとアナタは試合でも練習に近い感じでプレーが出来るはず。その為に何を工夫するか・・・…

  9. テニス 気付き

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

    テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。テニススクールのように仕切って練習すると10人でも、下手したら20人でも入れますが、部活やサークルの…

  10. テニス メンタル

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと思いますが、「何かを習う」よりも「自分で感じて、見つける」ことが大事。そう考えるよ…

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から…
  2. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか
  3. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!
PAGE TOP