ストローク

  1. テニス ストローク

    ストロークが弱過ぎる・・・と悩む、女性やシニアのみなさんへ

    ストローク力を高めたい。でも、なかなか身体を大きく使って打てない・・・と、お悩みの方がは多いと思います。特に女性やシニアの方、社会人からテニスを…

  2. バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?

    特に、女性のみなさんで悩んでいる方が多いと思います。バックハンドストローク、高く弾むボールを上手く処理出来ない・・・と。この問題は、打ち方で解決…

  3. テニス ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!

    バックハンドストロークを、強化したいみなさんへ。打点での意識、を少し変えるだけで見違えます。片手でも両手でも、どの打ち方でも基本は同じ。…

  4. 回転をかけて、ココを通過させるという感覚で

    コントロールを良くする為に、必要な発想として。何度か書いて来ましたが、相手のコートを見過ぎてもダメ。まず、狙いをどこに作るのか。みなさん…

  5. 浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる

    相手のストロークに安定感がある、調子が良さそう。こういう時に、無理に強く打っていっても難しい。こちらがリズムを崩してしまう、ミスが増えるだけです…

  6. 勝負どころで、1球多く返すのに必要な意識とは?

    試合に強い人は、最後までしぶとい。本当に粘り強い人って、トーナメントで簡単には負けないですよね。私も、学生時代はこういうシコラータイプの選手が本…

  7. クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?

    クロス方向へのストロークショット、みなさん試合でどう使いますか?シングルスなら、このショットを軸に組み立てていく感じですよね。試合に強い人のクロ…

  8. ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!

    ストロークのテイクバック、とにかく早く!が基本と書いて来ました。でも、実際に上手い選手のプレーを見ていると・・・どうでしょう。打つ前、に後ろに引…

  9. ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント

    何度か記事で書いてきた、「ドロップショットの必要性」について。ですが、いくつかお便りで頂くのですが、「そもそも、ドロップが打てない・・・」と悩んでいる方…

  10. 不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

    緊張する試合で、ショットが入らなくなる。これで不安になって、勝てる相手にも負けてしまうことって、結構ありますよね。不安になったら、どうするべきか…

  1. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「この暑さを乗り越える!」テニスの試合で必要な熱中症対策5つ
  3. サーブ

    初中級から抜け出す、回転系サーブはこうやって打とう!
  4. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に
  5. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い
PAGE TOP