ストローク

  1. テニス メンタル

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう

    ダブルスの試合で、後衛として試合を作っていく。なかなか、教えられることでは無いですし、難しく感じる人も多いでしょう。でも、初心者の方でもココを意…

  2. テニス ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物

    みなさんも試合をしていて、「強い!」と感じる相手、いますよね。そういう相手って、どんなボールを打って来る相手ですか?速いボール?でも、速…

  3. テニス メンタル

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。ストロークの打ち分け、コースを決めるときに、自分の打点の高さってどうでしょうか?…

  4. 試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術

    相手からエースを奪う。実際に、試合でこういう場面ってどれくらいあるでしょうか?私の感覚では、シングルスの試合でも3ポイントくらい。ダブル…

  5. テニス 戦術

    両手バックハンドストローク、の人こそ片手のスライスも練習しよう

    昨日の夜、錦織選手の試合を観戦していた方も、多かったんじゃないでしょうか・・・。ジョコビッチ選手との試合、1回戦とは思えないくらい両者の打ち合いでしたね…

  6. テニス ストローク

    結局テニスの試合で、どんなショットを打てば良いのか分からない人へ

    シングルスでもダブルスでも、自分がどんなショットを打っていくのか。この選択に、迷いがあるから試合でもミスが増える。「でも、どんなショットを打てば…

  7. テニス ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう

    ストロークで、相手のボレーヤーを狙う。こういう場面、結構試合でも多いはずです。ストローク同士の打ち合いのように、バウンド地点は見えない。…

  8. ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう

    ほとんどの人が、実は気付いていない部分。ストロークを打ちながら、実は動いていて安定していない。最後の最後、で調整出来るとどこかで思っているんです…

  9. テニス スライス

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう

    スライスのストロークが、弱い人はテイクバックを見直して欲しい。結構、ラケットの準備が甘い人が多いんですよね。逆にしっかり準備出来れば、スライスっ…

  10. テニス ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK

    両手バックハンドのテイクバック、みなさんどうでしょうか。何となく、になってはいませんか?テイクバックを安定させないと、ストロークは毎回打ち方が変…

  1. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になること…
  2. 戦術

    ダブルスのチェンジプレー、図入りで説明します
  3. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です…
  4. テニス ボレー

    リターン

    試合に出て恥ずかしくないリターンに、最短1ヶ月で近付ける方法
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必…
PAGE TOP