ストローク

  1. テニス ボレー

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そんな方は、この基本を見直してみましょう。相手もストローク、ベースライン上にいるよ…

  2. テニス ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

    スライスの打ち方、の肩の使い方。これは、私は究極2つしかないと思っています。この使い方さえ覚えれば、きっとストロークでもボレーでも、スライスを上…

  3. テニス 粘り

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も、「甘くなって良いから、どんどん打とう!」と書いてきました。でも、やっぱり打ってい…

  4. テニス ボレー

    相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!

    もう、どう考えても「失点濃厚」な場面、ありますよね。試合で、大きく走らされてオープンスペースがハッキリ出来てしまった・・・相手は打ち込むだけ・・・。…

  5. テニス セルフジャッジ

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」と感じる時でしょう。シングルスでもダブルスでも、「つないだら、やられる」と思うと試…

  6. テニス ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

    少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。言葉って、ちょっとしたニュアンスで「同じこと」を伝えようとしても、響いたり響かなかったり。テイクバック…

  7. テニス ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない

    たまに入る、威力のあるストローク。でも、安定感が無いから試合では使えない・・・。結構男性プレイヤーに多いパターンですよね。フォアハンドス…

  8. テニス ラケット

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと

    試合でストロークが振り切れない人。モヤモヤして、精神的にも安定しない、結果的に試合で勝てない。この「振り切れない問題」はどこから生まれてくるのか…

  9. テニス ダブルス

    ショートクロスのストロークは、シングルスコートに入れるつもりで振り切ろう

    テニスの試合、特にダブルスですね。試合を動かす、思い切ったショットを打てるかどうか。ショートクロスはその代表例だと思います。なかなか、打…

  10. テニス ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

    ストロークに安定感がある人は、打ち終わりが違う。打ち終わりが違うからこそ、しっかり他の人との差を作れるんですよね。試合慣れしていない、出ていない…

  1. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習でも、「入ったであろうボールに危機感」…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこ…
  3. テニス マナー

    練習メニュー

    部活の練習で、「試合に近い環境で勝負勘を養う」為には、ポイントシチュエーションを…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときの、「ファーストサーブの威力頼み」になる選手は、サーブが入ったとしても…
  5. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちまし…
PAGE TOP