ストローク

  1. アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッキリさせるのも一つの手。絶対ミスしてはダメ、じゃなくてやって良いミスを決めておく。…

  2. テニス リターン

    自然とボールは伸ばすのに、最適な方法はシンプルです

    相手に打っていく、ボールに伸びが欲しい。試合では、自分の打っているボールが伸びているかどうか、すごく気になりますよね。普段の練習から意識したいこ…

  3. ストロークのクロスラリーが続かない、とお悩みの方に

    ストロークのラリーで、クロスラリーが難しいと感じている方に今回はちょっとしたコツをいくつか、ご紹介したいと思います。そもそも、クロスのストローク…

  4. テニス リターン

    ボールに合わせること、を止めてみよう

    テニスはボールを見て、動いて、止まって打ち返す競技。最初はこれに必死だと思います。でも、長くテニスを続けていても、試合で緊張したらどうしてもこう…

  5. 足下に鋭く沈めるストローク、肘の位置をキープ!

    しっかりと、相手の低い位置を狙うストローク。これは、並行陣を相手にした時に、必要ですね。みなさんも、ボレー対ストロークでなるべく低く、低く、とス…

  6. テニス ボレー

    チャンスで打ち込みたい瞬間こそ、「次」を意識する

    試合の中で、ストロークを打ち込める場面。高い打点で前に入って、さぁここだ!という時に、意識して欲しいポイント。あくまで、テニスは相手がいる競技。…

  7. テニス ラケット

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?

    試合の中で、コースを打ち分ける時に。上手い人は、ほとんど同じフォームでコントロール良く打ち分けますよね。本当に、どこを変えてるの?と思うくらい。…

  8. ドロップショットの目的は、長い距離を走らせること

    私が試合で、意識していること。それは、ドロップショットをまず使う!そして、決まらなくても全然大丈夫、ということ。みなさんも、実際に相手に…

  9. バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうしないと、ずっとバック側を狙われてしまいますからね。ここで、フォアハンドと何を変える…

  10. テニス ボレー

    フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために

    ストロークで攻撃的に、ウィナーを取る。特にフォアハンドでしっかり打っていけると、試合でも自信になりますよね。その為に必要なコツ、シンプルに考えて…

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置…
  2. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト
  3. ボレー

    ネット際のチャンスボールは、「ただコートに叩き付ければOK」の発想では、いつまで…
  4. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から…
PAGE TOP