メンタル

  1. テニス 大学

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要な全国大会は有明や関西のうつぼなの、ハードコートでの試合が多い。このギャップは普段…

  2. テニス メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタはしっかり打ち切ることが出来ますか?こういった、「入れにいくべきか、攻めるべきか・…

  3. テニス メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

    テニスは残酷なスポーツ。シングルスで結果が出なければ、全て自分自身で受け止めなければいけません。その現実から逃げて、責任逃れをしている人、周りに…

  4. テニス メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、自分とネットを挟んで相対した際に、何を武器に戦いますか?どんな弱点を、どんな作戦で…

  5. テニス 準備

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ

    このサイトでは、何度も試合は「序盤が勝負!」ということを書いてきました。それでも、どうも最初は調子が上がらない・・・上がってきたと思ったら、試合終了・・…

  6. テニス 部活

    「練習でマイナスなオーラばかり出しているテニス部員」は、今すぐコートから退場してもらいましょう

    テニスは個人競技とはいえ、部活はチーム。一人だけがどんどん上達していく・・・ということは考えにくく、試合に勝つには全体でのレベルアップが重要になってきま…

  7. テニス サーブ

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したことありますか?

    テニスの試合で強い人、あまり表情が乱れない、どこかクールな印象はありませんか?「クールで調子乗ってるな・・・」と思う学生の方もいるかも知れません。…

  8. 「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確認できるから

    テニスでは、直接自分と対戦することはできません。アナタは、1年前の自分と対戦してしっかり勝てる自信はありますか?どんな変化をこの1年通して行って…

  9. 「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセージ

    私も過去に、2回経験しました。サーブを打つのも手が震える、そしてその経験がふとしたときに蘇る。アナタ自身、試合が怖くなっても何も問題ありません。…

  10. テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

    テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。それをサポートするのがコーチの役割ですが、そこにアナタ自身の意志が無ければ上達は見込めませ…

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡…
  2. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
  3. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね…
  4. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ
PAGE TOP