観察眼

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている

    試合の中で苦しいとき・・・たくさんありますよね。例えば、私はサーブが入らなくなったとき。ダブルスなら、とにかく前衛ペアに助けて欲しい・・・と思う…

  2. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」と思っていると、アナタはずっと鴨と思われて終わる

    テニスは、ゲームやセットを取らないと意味が無い。確かに、そうです、スコア上は。でも、自分のサービスゲームで0-40の場面、で何が出来るのか。…

  3. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝った試合は、アナタの修正力で勝った立派な試合

    皆さんも、経験ありませんか?やりたいテニスは出来なかったけど、何とかどうにか勝った、という試合。「もうこんな試合はしたくないな・・・」と思ってい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅いときの返球」からのドロップショットのパターンは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。のが、このパターンだと思います。浅いボールは深く打つ?アプローチで前に出る?…

  5. テニス 攻撃

    その他

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に「基本設定」から変えていこう

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練習場所だって、社会人になれば毎回変わること、ありますよね。大事な試合が、初めてテニ…

  6. テニス リターン

    メンタル

    「勝てそうで勝てない試合」を無くしていくのに、必要な準備4つ

    あと少しで勝てそうなのに、追いつかれてまくられる。マッチポイントを握ってからが長い・・・という皆さんの声、たくさん頂きます。私もそうでしたが、テ…

  7. テニス ポジショニング

    フットワーク

    テニスではコートを守るのは無理、だから「ココに打たれたら仕方ない」という場所はあえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタのポジショニングが明らかに隙があってやられた場合と、本当にリスクを冒したナイスショット。…

  8. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」くらいの意識でちょうど良い

    実際の試合の中では、相手のミスで決まるポイントも多い。特に、こちらがプレッシャーをかけてミスをしてくれているのであれば、それはもうミスではなく実力で獲っ…

  9. テニス ストローク

    フットワーク

    「自分のポジショニングが、どう相手に影響を与えているのか?」を意識すれば、駆け引き上手になる

    相手のポジショニング、アナタはどの程度意識できていますか?全く無関心、という方は少ないと思いますが、前か後ろか・・・ぐらいにざっくりとしか確認していない…

  10. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても、当然のごとくパッシングショットの…

    ストロークのレベルは、年々上がっている。すごく実感するんですが、今ではジュニア選手もストロークは皆一定レベルに達していて、上手い。パッシングショ…

レクタングル広告枠

  1. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?
  2. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  3. メンタル

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    試合でストロークを置きにいってしまう人は、「打点をなるべく身体から離してみる」と…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている
PAGE TOP