ポジショニング

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても、当然のごとくパッシングショットの…

    ストロークのレベルは、年々上がっている。すごく実感するんですが、今ではジュニア選手もストロークは皆一定レベルに達していて、上手い。パッシングショ…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    フットワークにスランプや調子の波は無い、という事実について

    「そんなの、当たり前じゃん」と思った方、分かっているなら始めましょう。フットワーク、走力に「スランプ」は無い。だからこそ、簡単には手に入れること…

  3. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショットでしょう

    デビスカップ、残念ながら2日目のダブルスの結果をもって、日本の敗退が決定しました。残念ではありますが、シングルス2試合を観た私の感想では、致し方ないの一…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合で、相手を3歩以上走らせたときには「自分のポジションを1メートル前」に上げておくこと…

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって、もしかしてちょっとした工夫で変えていけるかも知れない。攻撃に入るときの、一歩前。…

  5. ダブルス

    ダブルスの雁行陣で、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本です

    ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました。ですが、やはり例外もある。相手の後衛が大きくワイドに動く、コートの外に出るくらい…

  6. リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを活かせるかどうかは、アナタの決断力次第です

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。リターンを工夫すれば、きっともっと、アナタは試合を楽に勝てるようになる。そこでお勧…

  7. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」くらいの意識でちょうど良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。シングルスの試合を観ていて、気付いた点はありませんか?そう、今年はネットプレー…

  8. フットワーク

    滑りやすいテニスコートで使える「スライドフットワーク」は、足の入り方がポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよね。そんなときに、足をスライドさせて守備範囲を広げるようなフットワークが使えると、アナ…

  9. フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと何かが足りない

    「この選手、やり辛いな・・・」という相手は、予測が鋭い。足がそんなに速い訳ではないのに、とにかく粘るし反応が速い、自分のコースが読まれているように感じると、…

  10. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は、ボールをバウンドさせる場所を意識し過ぎ

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試合に出ている人でも少ない。そして、打ち分ける・・・という意識が中途半端な人は、実は大きな勘…

レクタングル広告枠

  1. その他

    テニスの試合で対戦していて、「あまのじゃくタイプ」の選手と分かれば怖くない
  2. テニス 攻撃

    その他

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない
  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ
  4. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから…
PAGE TOP