コントロール

  1. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想

    強い選手は、しっかり決める。ストロークでも浅いボールは、しっかり打ち込んで来ますよね。でも、この行為を「チャンスボールを叩く」と表現してしまうの…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

    サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。難しくしているのは、もしかしたら「一気に前に出る」ことを意識し過ぎかも知れません。慌てな…

  3. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

    リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。リターンのコースをどう決めれば良いのか、悩んでいるケースが多いと思います。悩むから、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットにド詰めの相手には、正面アタック!

    ダブルスの試合では、ものすごく前に詰めて来る相手、もいます。男性では結構多いですかね。ロブを打たれても気にしない、下がる自信がある選手は、すごく…

  5. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こういう試合ではストレートに展開していくリターンが増えますよね。でも、それだけではダメ。…

  6. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

    リターンをストレートに打つ。ダブルスの試合では、これが出来ないと試合にならない・・・はずなんです。でも、なかなかしっかり打てる人が少ない。…

  7. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効かを感じるはずです。ダブルスの試合でも、前衛を活かせますからね。でも、ただ…

  8. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてきましたが、強打でアタックしてミスはもったいない。まず、相手の前衛のレベル、雰囲気を…

  9. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?

    相手がネットに出てくる、または前衛に立っている。そんな相手に、どこを狙っていくのか。抜こうと思わずに、触らせると考えると攻撃も楽になる。…

  10. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方

    ミックスダブルスの試合、みなさんどう戦いますか?上手く女性を狙いながら、男性も走らせて主導権を握りたい。今回は、サーブ&ボレーからどう相手リター…

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!
  2. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い
  3. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない
  4. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる
PAGE TOP