コントロール

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースだとより効果的

    ダブルスの試合の中で、雁行陣を主体にしているペアは学生の皆さんでも多いはず。後衛がしっかりストロークで粘って、チャンスがあれば・・・浅いボールから前に出…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    深いストロークとショートクロスの中間、「セミショートクロス」を試合で使っていこう

    もうすぐ全仏オープン。クレーコートでの熱い戦いでぜひ注目して欲しいのが、ストロークの技術ですよね。ただ深い、だけではもはや相手は崩せない。…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    リターンが安定しない人は、色々試していると思います。ストロークとどこを変えるのか、そこを明確にしておきたい。私が試合で意識しているのは、このポイ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人こそ、しっかり狙う癖を付けよう

    サーブが得意!という人、少ないですよね。特に女性の方は出来れば打ちたくない、リターンの方が好き、という方は多いと思います。入れるのがやっとなのに…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、ネット上に打つ目標を作れば大丈夫

    スマッシュミスが多いと、自信が無くなくなってくる。入れようと思うとアウト、下に打とうと思うとネット・・・と迷ってしまう人は、この作戦でいきましょう。…

  6. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。そんなとき、ありますよね。私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボ…

  7. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出ていたのですが・・・。そこで、ラケットをコートに投げつけている男性の方が、いらっしゃい…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い

    前衛で、動きが遅い、なかなか触れない人は、考えて欲しい。相手を、過大評価していること、に気付かないと損。ストロークって、そんなに自由に打ち分けら…

  9. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、「両サイド共にしっかりコースを狙える」ようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコントロールが全く出来ない・・・という方は、シンプルに、まずまっすぐ打てるようになりましょう。…

  10. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない

    ストロークで自滅する人。並行陣、を苦手にしている人はすぐ分かります。なぜって、物理的に難しい、ことに何度もチャレンジしているから。そんな…

レクタングル広告枠

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合中にメンタルの乱れを防ぐ、「考えろ・・・」という指示出しのポーズを自分で作っ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、テニスを初めてからの時間の長さは関係無い!
  3. メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ
  4. テニス メンタル

    その他

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い
  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
PAGE TOP