過去の記事一覧

  1. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これってシングルスでもダブルスでも、理想ですよね。ですがサーブが良い感じで入っているの…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

    ウィンブルドンの試合を観ていると、改めてシングルスのネットプレーの重要性に気付きます。決してエースだけ、が必要な訳では無い。結果的にエースになる…

  3. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

    毎日テニスの練習、楽しんで出来ていますか?「本当に楽しい!」と言える方・・・少し、危険かも知れません。年齢問わず、人はどうしても楽しい場所、楽な…

  4. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

    試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。特に4-4からブレイクして5-4になった、次のサービスゲームをキープすれば勝利・・・みたいな場面。…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上からしっかり抑えよう!

    浅いボールを攻撃していきたい、ストロークでそう考えている方は多いでしょう。そのときに意識してもらいたいのが、準備するラケットの位置、高さ。高い位…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に専門は置けないので、両方やらないといけない。意外と後衛は出来るけど、前衛は何をした…

  7. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方よりも入り方、がスマッシュでは大事です。ではどんな場所にボールをもってくるのが良い…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!」と思って、ある程度良いロブが打てるようになった、なのに・・・なぜか相手にスマッシュを決め…

  9. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です

    「テニスが上手くなりたいので、教えて欲しい」と、ありがたいことにお声を頂く機会がたまにあります。もちろん初心者の方、初中級の方には基本的なことをお伝えし…

  10. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨いて試合で使おう

    左利きの方のサーブは、厳しい。そんな漠然とした先入観があるのはなぜでしょうか・・・。やはり右利きの方のバックハンドに、スライスサーブを打っていけ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイ…
  2. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?
  3. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. ストローク

    ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本
  5. テニス 練習

    戦術

    再現性の高さ、こそテニスの真の実力である
PAGE TOP