過去の記事一覧

  1. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です

    テニスの練習相手って仲の良い人とやることが多い。試合会場でも知っている選手がいたら、率先してその選手と練習するし、普段の練習も色んな選手とやるけどやっぱ…

  2. メンタル

    「頑張れ!100球ラリー!」テニスの試合で勝つには、ただ繋げるだけでは意味が無い

    先日、とある高校の部活の練習の中で「100球ラリーを続けよう」という練習を行った。100球ラリーだからとにかく相手と50回ずつ、ミスしないで繋ぎ合えば良いん…

  3. その他

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?

    いくら打ち方がちゃんとした綺麗なフォームでも、ボールを見ることが出来ていなかったらラケットの真ん中に当たらないからミスをする。「ボールをよく見て!」ってアド…

  4. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!

    ストロークもボレーもスマッシュも・・・・。相手が打った瞬間に反応して準備しなきゃいけない。その準備をする時には横向きにならないといけないんだけど、その横…

  5. テニス フットワーク

    その他

    「スプリットステップ」は少しのコツで、テニスの試合が見違えるほど勝てるようになる!

    相手が打つ瞬間、スプリットステップをする。このスプリットステップって凄い大事。皆、どういう風に行っているだろうか?「スプ…

  6. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの打ち分け練習もしてるかい?色んなショットがテニスの試合で必要になる。それぞれの場面にあ…

  7. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に

    夏に合宿を行ったテニス部は多いと思う。いつもの学校のテニスコートじゃなくて、もっと面数の多い山の中のコートなんかで、目いっぱい練習をすれば、その分だけボール…

  8. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと

    最近は砂入り人工芝のコートが増えている。学校のコートもクレーコートから砂入り人工芝に切り替わったところ、多いんじゃない?逆にハードコートは減っている。…

  9. ストローク

    「軸足の使い方、間違ってない?」テニスの試合でつなぐだけでなく、勝ち切るストロークを身に付けよう!

    ストロークとかボレー、スマッシュやサーブと色んなショットがあるけど、どのショットを打つ時も足からパワーをもらった方がしっかりボールが飛んでくれる。でも足って…

  10. ストローク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます

    テニスというスポーツの特徴は「打つ」というのが主流だけど、それ以外にも「動く」というのが重要になって来る。だから皆、頑張って走ってもらいたいんだけど、重要な…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    その他

    テニス初心者の方こそ、「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる
  2. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へ贈りたいメッセージ
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は…
  4. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に出てみるのも悪くない
  5. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?
PAGE TOP