テニス ダブルス

戦術

「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに気付いていない

一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式がある。

普段観ているプロ選手の試合では40-40になるとデュース、になって2ポイント連続で獲るまでそのゲームは進行しますよね。

ですがノーアドバンテージ形式では、この40-40を1本勝負で決めてしまう。

試合進行が速い分、時に「運任せ」のようにも言われるこの形式。

本当に「運」任せなんでしょうか・・・?

 

「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに気付いていない

 


 

1.「ノーアドバンテージ形式」のルールを確認しておく

ノーアドバンテージ形式では、サイドはリターン側が選択出来る。

ミックスダブルスは例外で、男女でサーブを揃えるのが慣例なので男性サーブなら男性がリターン、女性サーブなら女性がリターン、という形で進行するのが一般的です。

このリターンのサイド、をどちらにするかも、結構肝になる作戦ですよね。

それだけではありません。

ノーアドバンテージ形式に備えて、準備出来ることは実はたくさんあるんです。

 

2.「積極的にいく」のか、「ミスしないで守り重視」でいくのか?

アナタはいつも、どういうスタンスでノーアド形式のポイントをプレーしていますか?

私は、ゲームカウントによってプレーを変えています。

例えばリードしているとき、に関しては積極的にプレーする。

例えゲームを落としても追いつかれるくらいはOK、むしろしっかり自分で攻撃していく姿勢を見せて、リードを拡げる意欲を見せたい。

逆にリードされているときには、もうそのポイント、ゲームは落とせない立場ですよね。

だから相手にプレッシャーをかけつつ、自分からは絶対ミスをしないような守り主体。

自分の中で準備が出来ていれば、少なくとも40-40になっても落ち着いてプレーが出来るでしょう。

 

3.ダブルスなら・・・思い切った作戦を実行したい!

ダブルスですと、私のオススメは「奇襲」作戦です。

ある程度リードされていても、ノーアドバンテージ形式のダブルスは相手も普通の作戦、無難な選択になりがち。

リターン側ならストレートへの展開、サーブ側ならポーチやチェンジプレーが、40-40の場面ではオススメです。

これはあくまで私の経験則ですが、何かアクションを起こした方が緊張した場面ではポイントが獲りやすい。

思い切って動く訳ですが、しっかり上半身はリラックスして、ボールをよく見て。

自分たちを信じて、攻撃していきましょう!

 

運任せの40-40、は初中級で卒業しましょう。

常に自分たちが精神的にも優位に立てるように、しっかり作戦は準備してそれを出し分ける。

もちろん、試合の中での調子や相手を観察した作戦はありですが、まずベースとなる作戦は事前に準備すること。

ノーアドバンテージ形式の試合って、驚くほど速く展開が進みます。

気が付いたら試合終了・・・なんてことに、ならないように・・・。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

    テニスでは準備が大事。いや、テニスに限ったことでは無いと私は思…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる

    「相手の調子が良かったから、負けました」「自分の調子が悪かった…

  3. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている

    テニスの試合で、相手の攻撃に屈しない心。これには、まず考え方か…

  4. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

    試合の中で、カウントが進んでいく。このカウントについて、しっか…

  5. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  6. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う

    ふと昨日、テレビを観ていた中で感じたこと。自分のプロフィール写…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!
  2. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよ…
  3. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します
  4. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから
  5. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
PAGE TOP