テニス ダブルス

戦術

「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに気付いていない

一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式がある。

普段観ているプロ選手の試合では40-40になるとデュース、になって2ポイント連続で獲るまでそのゲームは進行しますよね。

ですがノーアドバンテージ形式では、この40-40を1本勝負で決めてしまう。

試合進行が速い分、時に「運任せ」のようにも言われるこの形式。

本当に「運」任せなんでしょうか・・・?

 

「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに気付いていない

 

1.「ノーアドバンテージ形式」のルールを確認しておく

ノーアドバンテージ形式では、サイドはリターン側が選択出来る。

ミックスダブルスは例外で、男女でサーブを揃えるのが慣例なので男性サーブなら男性がリターン、女性サーブなら女性がリターン、という形で進行するのが一般的です。

このリターンのサイド、をどちらにするかも、結構肝になる作戦ですよね。

それだけではありません。

ノーアドバンテージ形式に備えて、準備出来ることは実はたくさんあるんです。

 

2.「積極的にいく」のか、「ミスしないで守り重視」でいくのか?

アナタはいつも、どういうスタンスでノーアド形式のポイントをプレーしていますか?

私は、ゲームカウントによってプレーを変えています。

例えばリードしているとき、に関しては積極的にプレーする。

例えゲームを落としても追いつかれるくらいはOK、むしろしっかり自分で攻撃していく姿勢を見せて、リードを拡げる意欲を見せたい。

逆にリードされているときには、もうそのポイント、ゲームは落とせない立場ですよね。

だから相手にプレッシャーをかけつつ、自分からは絶対ミスをしないような守り主体。

自分の中で準備が出来ていれば、少なくとも40-40になっても落ち着いてプレーが出来るでしょう。

 

3.ダブルスなら・・・思い切った作戦を実行したい!

ダブルスですと、私のオススメは「奇襲」作戦です。

ある程度リードされていても、ノーアドバンテージ形式のダブルスは相手も普通の作戦、無難な選択になりがち。

リターン側ならストレートへの展開、サーブ側ならポーチやチェンジプレーが、40-40の場面ではオススメです。

これはあくまで私の経験則ですが、何かアクションを起こした方が緊張した場面ではポイントが獲りやすい。

思い切って動く訳ですが、しっかり上半身はリラックスして、ボールをよく見て。

自分たちを信じて、攻撃していきましょう!

 

運任せの40-40、は初中級で卒業しましょう。

常に自分たちが精神的にも優位に立てるように、しっかり作戦は準備してそれを出し分ける。

もちろん、試合の中での調子や相手を観察した作戦はありですが、まずベースとなる作戦は事前に準備すること。

ノーアドバンテージ形式の試合って、驚くほど速く展開が進みます。

気が付いたら試合終了・・・なんてことに、ならないように・・・。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合では、スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

    「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。また、…

  3. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

  4. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」は…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます

    アナタが試合をするとき、対戦相手はどんな特徴を持っているのか。…

  6. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. その他

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう
  2. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くな…
  4. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく
  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
PAGE TOP