テニス ストローク

ダブルス

右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

今回は、ダブルスのリターンのサイド、について考えてみたいと思います。

右利きの視点で、すみません。

左利きの方には申し訳ありませんが・・・ぜひ「逆」の考え方で、試して欲しいと思います。

それぞれデュースサイド、アドバンテージサイドを、メリットデメリットを、ダブルス視点で考えてみましょう!

 

右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?

 


 

■デュースサイドでのメリットとデメリットについて

まずデュースサイドのリターン、から考えてみます。

こちらのサイドは、何と言ってもセンターへの厳しいサーブをバックハンドでリターンしないといけません。

さらに、相手の前衛のポーチもフォアハンドで詰めて来ますので、かなり厳しいと言わざるを得ません。

一般的に、デュースサイドのリターンの方が難しい、と言われるのがこの部分です。

ではメリットは何か・・・と考えると、まずはロブを使える点。

ストレートロブ、をリターンで上手く使えれば、サーブを打った後衛はバックハンドで処理することになります。

厳しいサーブはロブで逃げる、というのがやりやすいのがデュースサイドです。

更には、0-0、15-15、30-30、のように、ゲームポイントで回ってくることが少ないので比較的プレッシャーも少ないはず。

メリットとして考えるかどうかは難しいところですが、緊張しがちな人はアドバンテージサイドの方がきつい、はずです。

 

■アドバンテージサイドのメリットとデメリットについて

アドバンテージサイド、はどうでしょうか。

右利きの選手からすると、まずメリットはセンターのサーブをフォアハンドで処理出来る点が優位。

リターンでは多少振り遅れても、逆クロスに良いリターンが飛んでくれることがよくありますよね。

また相手ポーチもバックハンドですので、フォアハンドよりは威力が軽減する・・・はず。

デメリットとして、私が考えられるのは「バック側を狙われやすい」という点。

スピンサーブでワイド、にしっかり振り切ったサーブが入りやすいのがアドバンテージサイド、です。

もちろんバックハンドのリターンが得意であれば問題無いのですが、初中級者の方はココを狙われて並行陣で仕留められる、というケースが多いように思います。

また、メリットにもデメリットにもなりそう、なのが「大事なポイントが回って来やすい」ということでしょう。

30-40、40-30、アドバンテージ○○、といったポイントで勝負強さを発揮出来るか、は試合の結果に直結しますからね。

 

■デメリットを消し、メリットを活かしていくリターン術を覚えよう

一般論を理解したら、後は練習するだけです。

デメリットとなる部分は、試合巧者の相手であれば間違いなく使ってくる。

ここで一度、「しっかり対応してるからね!」というリターンを見せておけるかどうか、が大事。

「分かっていたけど、対策不足」となってしまうのは、それも含めてアナタの実力不足、です。

実際の試合では、もっと細かい部分、選手の特徴も踏まえないといけませんしね。

まずは今回書いてみたこと、イメージして練習してみて下さい。

きっと大崩れするようなリターンゲーム、は防げるはずです。

 

サイドはどちらか得意な方、があっても良い。

ですが、あまり専門のサイドを作ってしまうのは、お勧めしません。

なぜなら、両方のサイドのリターンの気持ち、が分かった方がサービスゲームにも活かせるから。

しっかり両方、対応出来るように練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ボレーが苦手なら、ダブルスで無理に前に出る必要は無い

    あまり、オススメの戦術ではありませんが。先日の全仏オープンの女…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする

    ダブルスの試合、コンビネーション良く攻撃していくために。必要な…

  5. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い

    試合で勝ちたければ、激しく、したたかに。無難なプレー、要りま…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス Q&A

    その他

    テニスの試合で「大声を出して威嚇してくる相手」が苦手・・・という方は、少し視点を…
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、「深いボールをしっかり返球できる」ストローク技術を身に付けるには…
  4. ボレー

    ボレーは鋭さを増す、簡単な方法とは?
  5. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が…
PAGE TOP