フットワーク

  1. テニス 前衛

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い

    テニス選手ならスプリットステップ、しっかり出来ないと辛い。上のレベルの試合になれば、もちろん0.01秒の反応速度の差がそのまま数十cmで届くかどうかの差…

  2. テニス 不器用

    接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を

    テニスの試合、接戦はなかなか振り返る機会が少ない。特に、競って勝った試合は意外と忘れがち。勝てばOK、という部分もありますが、それだけでは成長し…

  3. テニス ポジショニング

    相手が打つ前に、攻撃的なポジショニングが取れているか?

    攻撃していきたいのに、ポジショニングがおかしい。そんな人が、試合会場にはたくさんいます。テニスは、相手が打つ前に自分でポジションを調整出来る競技…

  4. テニス ボレー

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない

    フェイントの重要性、は何度も書いてきました。ですが、いくら熱心にフェイントを入れても、どこかで「本物」の動きを入れないと意味が無い。結局出ないん…

  5. テニス ボレー

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

    リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガチ。テニスの試合、どこかで力を抜くポイントを作っておかないと、いくら体力があっても…

  6. テニス ストローク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

    試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょう。プロ選手の試合の中でも、ストローク主体の選手が多い中でいかにこのドロップを混ぜ…

  7. テニス サーブ

    明日から出来る試合での改善策は、リズムとテンポを良くしていくこと

    今ある技術で、試合を上手くこなしていく。その中で意識したいのは、試合のリズム。皆さん、自分の試合のリズムを意識したことはありますか?今日…

  8. テニス ポジショニング

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」によってだいぶ違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思っている以上に、テニスコートは広いし立っている場所によって必要なショットも異なる。技術以…

  9. テニス ストローク

    テニスの試合で不安になればなるほど、「足のスタンスは狭く、上体が上がっていく」ことに気付こう

    緊張したときに、自分はどうなるのか。特にテニスでは、足元から緊張の度合いが見て分かりやすい。ドシッと構えているのか、オロオロしているのか・・・。…

  10. テニス ストローク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考です

    試合で疲れて、足が止まってしまう・・・。練習でも同じようなこと、ありますよね。でも、実際の試合では、下半身よりも先に止まってしまうモノがあります…

  1. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
  3. テニス ボレー

    その他

    大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる
  5. テニス ラケット

    その他

    ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう
PAGE TOP