攻撃

  1. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転・・・。そんなとき、ありますよね。私は「羽子板サーブ」と呼んでいますが、ボ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当にポジショニングが上手い。やみくもにバコバコ打っていっても、それは自滅への道を進む…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンスと心得よう!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手がスライスを打つ、その場面では前衛で動くチャンス。ここにもっと、焦点を絞っていくこ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、ストロークのコース変更は「打つ直前には出来ない」と考えて良い

    前衛で、動きが遅い、なかなか触れない人は、考えて欲しい。相手を、過大評価していること、に気付かないと損。ストロークって、そんなに自由に打ち分けら…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、多いんじゃないでしょうか・・・?その壁を打ち破るには、どこかで発想を「攻撃」に変え…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでないと見るのか・・・。テニスの試合に強い選手なら、気付いているはず。意外とこ…

  7. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛の腕の見せどころは、「後衛の頑張りをしっかりポイントに結びつける」ことに尽きます

    あの前衛、上手いな・・・強いな・・・。そう思われるプレーって、どんなプレーでしょうか?やはり前衛ですから、攻撃!ですね。それも、後衛の頑…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない

    ストロークで自滅する人。並行陣、を苦手にしている人はすぐ分かります。なぜって、物理的に難しい、ことに何度もチャレンジしているから。そんな…

  9. テニス メンタル

    その他

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める

    なかなか自信が持てない、試合で勝てるイメージが持てない人。そんな人は、試合の中でリードしているときにチャレンジ、していくことを考えよう。リードし…

  10. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも極めていけば良い

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、速さが欲しいですよね。何度かこのサイトで、「スピードショットは危険、控えた方が良い…

  1. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?
  2. ストローク

    「両手バックハンドでベースラインから攻めたい!」ストロークを1段レベルアップさせ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  4. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方につい…
  5. ダブルス

    「これは絶対、ダブルスでやっちゃダメ!」自分が前衛のとき、後衛が打つ瞬間を見るこ…
PAGE TOP