守備

  1. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に降り出そう

    ライジングショットを身に付けたい、と思ってもなかなか感覚が掴めないという人。もしかしたら、少し思い切りが足りないのかも知れません。ライジングショ…

  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっかり持つこと!

    テニスの試合で、フットワークが良い人。は、必ずしも足は速い人ではありません。まずは準備が早い人、そして打った後の切り替えが速い人が、テニスコート…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りますよね。ストローク側が攻撃してくる、パッシングショットをまずは防がないといけない・…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

    この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒したいと思っている方。一見難しい陣形のようですが、弱点とその攻撃方法さえ覚えれば、き…

  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

    自分のチャンスで、相手を攻撃していく。テニスの試合ではよくある光景ですが、そこで当たり損ないになったり、相手に読まれたりして、結果ショットが「甘くなる」…

  6. テニス 調子

    その他

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達成。本当に素晴らしい守備を軸にした、攻撃的なストロークの強さが際立った試合だと思い…

  7. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり下げる」ことがまず大…

    テニスの試合、格上相手にストロークで攻撃される。そのスピードに怖気づいてしまっては、良いフットワークを持っていても守備が難しくなりますよね。フラ…

  8. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、そのとっさのミスにどういう対応が出来るか、でダブルスとしての強さが分かります。実際…

  9. テニス リターン

    リターン

    厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

    テニスのトーナメントでは、必ずビッグサーブを得意にしている選手がいる。プロ選手でも、一般でも学生の大会でも、一定数いるのが不思議ですよね。当たり…

  10. テニス ストローク

    ストローク

    試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイント

    ストロークのラリー戦で、厄介なこと。人それぞれでしょうが、誰でも「バックハンドの高い打点」で打たされること、はその中の候補に入るはず。錦織選手も…

  1. テニス 部活

    テニススクール

    テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」と…
  2. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスを、人に決めてもらってない?
  4. その他

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの…
  5. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本
PAGE TOP