トップスピンロブ

  1. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つために非常に大事な要素になって来ます。相手にロブを隠せれば、試合をかなり優位に進められ…

  2. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変えていけば良いのか、お悩みの方に。ちょっとしたコツですが、これはすごく実践的なアイデ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたくさんある。もちろんラケットの中心、でも上手く打てることはありますが、先端を使うとい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブを磨きたければ、「高い軌道のストローク」をスタンダードにしておけば、自然に打てるよう…

    トップスピンロブ、打ちたいですよね。錦織選手は今年、このショットを多用していくつもの試合でスーパーショットを繰り出していました。ですが私たち、皆…

  5. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

    ネットに出てきた相手、または前衛の選手の横を速いストロークで抜いていくパッシングショット。テニスの試合の中でも、一際華やかなショットですよね。誰…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

    両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だったりする。もちろんスライスでアプローチ、も基本ですが、ある程度速いボールで打って…

  7. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜けていくスィング

    ナダル選手の得意なプレー、「バギーホイップショット」なんて呼ばれ方もしますが、フォアハンドでの切り返しは迫力満点。難しいショットに間違いは無いのですが、…

  8. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショットは、もはや必須技術…

    ベースラインから下がり過ぎないことの重要性は、何度か書かせて頂きました。でも、「実際に深いボールが来たらどうするの?」という対策について、真剣に取り組む…

  9. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

    最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピンロブ」があります。錦織選手も、最近意識してかよく使っているような印象を受けるこのショ…

  10. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。しかしこのロブもあまり高いと後衛とチェンジして、そのままラリーが続いてしまいますし、低…

  1. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. ダブルス

    「ダブルスって人が多すぎてつまんない!?」シングルスでも活かせるテニスの考え方を…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は、意外と多いので自分をチェックして…
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    相手を惑わす、「ハイボレーからのドロップボレー」は打ってみる価値がある
PAGE TOP