過去の記事一覧

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という感覚でも良いと思います。大事なのは、「前衛は攻撃の優先権を持っている」という部分を…

  2. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一つは、ラケットの真ん中に当たらない、当たり損ねる等の技術的ミス。もう一つは、ポジシ…

  3. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化していませんか?

    テニスのグリップは人それぞれ。薄い、厚いという言葉で表現されますが、ボレーやストローク、ストロークでもスライスとスピンが違うように、この違いをしっかり理…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・・と悩んでいる方、私も今年は同じ悩みで1年間過ごしました・・・。練習では良い軌道で…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろにしてみる」と軌道が…

    ストロークの軸、皆さんはどんな武器を軸にして戦っていますか?現代テニスの試合を観ていると、その大きな武器はフォアハンドの逆クロスのショット。打ち…

  6. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して取組ましょう

    テニスのときにアナタを支えてくれる大事なもの。それは間違いなく、テニスシューズです。試合に出たり、練習もしっかり行っている人は年に数回、シューズ…

  7. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が変わるから

    試合の中で、本当に大事な試合の中で、ドロップショットを打ったことはありますか?私が考えるに、テニスの試合に出る人には2つに分類されます。それは、…

  8. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。一昔前の男子プロ選手ではサンプラス選手、ロディック選手のように肘からラケットをテイクバ…

  9. テニス 準備

    ボレー

    ネットプレーに必要なコントロールは、「目の前2メートルに目標を設定」することで、軌道を安定することが…

    ボレーは瞬発力が重要。相手が打ってきたボールをノーバウンドで返球するので、素早い対応と判断、コントロールが求められます。特にコントロールの部分で…

  10. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合の中で「ダブルスの前衛がポーチに出たとき」の後衛の動き、実は曖昧になっていませんか?

    ダブルスの試合で前衛が積極的に動く、これはとても大事なことです。でもそれと同時に、後衛がしっかりと気持ち良く動いた部分をカバーする動きが出来ていなければ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ
  2. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです
  4. テニス ボレー

    ロブ

    ダブルスで並行陣のサーブ&ボレーでは、「厳しいリターンへの対応」をロブボレーで準…
  5. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ
PAGE TOP