テニス ストローク

リターン

リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

テニスの試合で、大事なリターン。

どんなに良いストロークや戦術を持ってしても、このリターンが相手コートに入らなければ試合にならない。

それも、甘いだけだと強い選手相手ではそのまま攻撃されて厳しくなるだけ。

であれば、しっかり攻撃的にリターンしていきたいところですが、相手サーブの力を利用してミスを減らしたい。

だからこそしっかりステップを前方向に踏んで、シンプルなフォームでリターンをしていく基本を見直しましょう。

強い選手は皆、このステップでリターンを攻撃的に繰り出してきます。

 

リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

 

1.改めて見直したい、リターンの基本のステップ

リターンの基本のステップ。

それは前方向に1~2歩動いて、その流れでスプリットステップを踏むこと。

上体が突っ込まないように、しっかり背筋は伸ばして姿勢よく保ちましょう。

この前への動きを入れることで、自然に相手の速いボールに反応できるようになるはず。

やったことが無い人はまず、タイミングを掴むのが難しいかと思いますが、色々トライしてみて下さい。

相手がトスアップを始めたら、この前への動きを開始するくらいでちょうど良いでしょう。

 

2.相手のサーブの威力に応じて、スタート位置を調整

相手のファーストサーブ、かなりの威力があるようであれば、最初のスタート位置をかなり後ろに。

前にステップしていく部分も計算して、しっかり後ろからスタートするように調整しましょう。

逆に叩けるくらいのセカンドサーブであれば、ベースラインから更に前に入っていく感じでOK。

相手のコースを読んで、ぜひ攻撃的に展開していきたい

自分のタイミングを探れるように、特に最初のリターンゲームではこのタイミングを掴む、場所を決めることにも意識を。

試合中盤でタイミングが合えば、しっかりリターンから攻撃できるはずです。

 

3.慣れてきたらリターンダッシュをしっかり武器にしていく

しっかり出来るようになれば、リターンダッシュを身に付けて攻撃していきたい

その相性は、バツグンです!

相手サーバーも速いタイミングでリターンされては、サーブのリズムも掴めません。

特にサーブが得意、自信のある相手ほど、こういった前にプレッシャーをかけていく動きが求められます。

自信たっぷりに、相手にプレーさせてはいけません。

自分の動きで、しっかり相手に存在感とプレッシャーを与えていけるようプレーを磨いていきましょう。

 

リターン上手は、試合上手。

前にしっかり入る今回のステップや、時には後ろでブロックリターン。

相手がどんなサーブを打っていても、しっかり対応できる技術の幅を持っておけるように意識して練習しましょう。

スプリットステップ一つとってみても、奥が深い。

しっかり練習して、リターン用に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

  2. テニス ストローク
  3. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなとき…

  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

  5. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合…
  2. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手く…
  5. その他

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である
PAGE TOP