テニス ストローク

リターン

リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

テニスの試合で、大事なリターン。

どんなに良いストロークや戦術を持ってしても、このリターンが相手コートに入らなければ試合にならない。

それも、甘いだけだと強い選手相手ではそのまま攻撃されて厳しくなるだけ。

であれば、しっかり攻撃的にリターンしていきたいところですが、相手サーブの力を利用してミスを減らしたい。

だからこそしっかりステップを前方向に踏んで、シンプルなフォームでリターンをしていく基本を見直しましょう。

強い選手は皆、このステップでリターンを攻撃的に繰り出してきます。

 

リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

 


 

1.改めて見直したい、リターンの基本のステップ

リターンの基本のステップ。

それは前方向に1~2歩動いて、その流れでスプリットステップを踏むこと。

上体が突っ込まないように、しっかり背筋は伸ばして姿勢よく保ちましょう。

この前への動きを入れることで、自然に相手の速いボールに反応できるようになるはず。

やったことが無い人はまず、タイミングを掴むのが難しいかと思いますが、色々トライしてみて下さい。

相手がトスアップを始めたら、この前への動きを開始するくらいでちょうど良いでしょう。

 

2.相手のサーブの威力に応じて、スタート位置を調整

相手のファーストサーブ、かなりの威力があるようであれば、最初のスタート位置をかなり後ろに。

前にステップしていく部分も計算して、しっかり後ろからスタートするように調整しましょう。

逆に叩けるくらいのセカンドサーブであれば、ベースラインから更に前に入っていく感じでOK。

相手のコースを読んで、ぜひ攻撃的に展開していきたい

自分のタイミングを探れるように、特に最初のリターンゲームではこのタイミングを掴む、場所を決めることにも意識を。

試合中盤でタイミングが合えば、しっかりリターンから攻撃できるはずです。

 

3.慣れてきたらリターンダッシュをしっかり武器にしていく

しっかり出来るようになれば、リターンダッシュを身に付けて攻撃していきたい

その相性は、バツグンです!

相手サーバーも速いタイミングでリターンされては、サーブのリズムも掴めません。

特にサーブが得意、自信のある相手ほど、こういった前にプレッシャーをかけていく動きが求められます。

自信たっぷりに、相手にプレーさせてはいけません。

自分の動きで、しっかり相手に存在感とプレッシャーを与えていけるようプレーを磨いていきましょう。

 

リターン上手は、試合上手。

前にしっかり入る今回のステップや、時には後ろでブロックリターン。

相手がどんなサーブを打っていても、しっかり対応できる技術の幅を持っておけるように意識して練習しましょう。

スプリットステップ一つとってみても、奥が深い。

しっかり練習して、リターン用に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

  2. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  5. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK

    私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。たまに3セットマッチ、…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう
  2. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること
  3. テニス 確率

    その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?
  4. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
  5. テニス サーブ

    その他

    「失敗するのが恥ずかしい」と思われるようなチームの雰囲気なら、勝てるチームへの躍…
PAGE TOP