日々の雑記

アドバイスは魚、釣り方を覚えないと

テニスにおいて、アドバイスは無限にある。

だからこそ、みなさんにも自分で考えて欲しい・・・というのが、私の願いです。

でも、きっとこのT-PRESSの読者のみなさんなら、出来るはず。

いや、と言いますのも、この3年間で取得させて頂いたアンケート、を読み返していたんです。

その数、約500件。

もう、本当に感謝しかありません、凄いです。

アンケートに答えても、私から何か報酬をみなさんにお渡し出来る訳ではありません。

それなのに、1,000文字以上の感想文やご質問、を頂く方も多いのには、本当に頭が下がります。

私自身の記事も、みなさんのご質問に答える形での更新がたくさんあります。

みなさんから勉強させてもらっている、刺激をもらうことが出来るのが、アンケートでした。

 

よく読んでみると、本当にみなさんよく考えてテニスをしていらっしゃる。

私が考えていないようなところまで、緻密に考えているご意見もたくさん頂きました。

これって、何が凄いってもう「釣り方」を自分で編み出しているようなもの、なんです。

アドバイス、アイデアは言ってしまえば「魚」です。

この魚を、人から釣ってもらう人がほとんど。

でも、読者のみなさんの多くは、自分で「釣り方」を研究している。

だから、どんな無人島でも生きていけるし、試合の現場での発見を練習に活かせる。

釣り方を知らないで、いつまでも口を開けて待つひな鳥のような人、テニススクールに多いじゃないですか。

こういう人は、結局巣から飛び立つことは出来ないでしょう。

自分で釣り方、を覚えるしかないんです、強くなるには。

 

私自身、このサイト上では「釣り方」を書いているつもりです。

「魚」は提供していない。

だって、主に文章だけですからね。

これを読んで、すぐに実践出来る人なんていない。

自分で考えて、試行錯誤しながら私の記事のネタで、実際に釣りをしてみる。

釣れるかどうか、どんな魚がかかるかは、分かりません。

「魚」がすぐに欲しい人には、T-PRESSって向かないサイト。

釣れるかどうかは、みなさん次第。

責任放棄、ではありません。

みなさんを信頼し、心底尊敬しているからこそ、出来ることなんです。

 

これからも、私は釣り方を発信し続けます。

もしかしたら、「釣り方」よりも前の段階の意識や心得、ヒントかもしれません。

みなさんと共に、相互に刺激し合って成長していきたい。

いつかテニスコートでお会いしたいし、試合でも、対戦したい。

そんなことを考えていると、私はすごく楽しいです。

暑い日が続きますが、みなさん体調に気を付けつつ、全米オープンも楽しみつつ、テニス頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事で書いてあることをやったら、コーチから怒られました」というみなさんへ

    アンケートにご協力頂いたみなさん、ありがとう御座いました!回答…

  2. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い

    「テニススクールのアルバイトをしていますが、人間関係で悩んでいます」…

  3. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること

    テニスを続けていれば、基本上手くいかないことばかり。そうじゃな…

  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる

    なんだかこの時期って、色々思い出しませんか?季節の変わり目、年…

  6. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む

    最近、こんなご意見を頂きました。「いつも読んでます。とても為に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?
  2. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない
  3. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くな…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけな…
  5. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事…
PAGE TOP