ボレー

  1. テニス ボレー

    相手の足元、の次はハイボレーをしっかり準備しておこう

    構え直しの重要性を何度も書いて来ましたが、それは特にネットプレーの時にこそ。連続攻撃、が出来ない人が多いので勝ち切れない。その原因って、結局はラ…

  2. テニス テイクバック

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術

    なかなか前に出る自信が無い、並行陣も難しいという方。きっと、この基本意識だけで大丈夫だと思いますよ。私たちの試合では、スライスを上手く使えばネッ…

  3. テニス ストローク

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、回転がイマイチ分からない・・・という方。フラット気味?スライス回転?この問…

  4. スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思ったら・・・打ったボールが下に飛んでネット。。こういう経験、みなさんありませんか?…

  5. 低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただけ・・・ですが、印象に残っているプレーはこれ、です。ポーチに出る姿勢、多分どの…

  6. テニス ダブルス

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい

    体重を乗せた、重たいボレーを打つ為のコツ。みなさん、何を意識することが多いですか?私は、両足がコートにべッタリと着いていることが無いようにだけ、…

  7. テニス ボレー

    アングルボレー、欲を出してふらないことが一番

    アングルボレーをしっかり決める、しっかりポイントを終える。ことを考えると・・・どうしても力が入って振ってしまう、方がほとんどでしょう。きっと、ラ…

  8. テニス ロブ

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう

    ボレーの基本、もうみなさん「分かってるよ・・・」と思うことかも知れません。手首をしっかりコックする、固めるということ、意外と甘い人多くないですか?…

  9. テニス スマッシュ

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いますが、ちょっと基本からは逸脱します。予め意識した上で、読んでみてください。…

  10. テニス ストローク

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

    ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。きっと、初中級までのみなさんのほとんどの問題は、これにあります。ボレーって、どうしても身…

  1. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想…
  2. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」かも知れない
  3. テニス 序盤

    その他

    テニスでも何でも、柱があっての横展開じゃないと
  4. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の…
PAGE TOP