戦術

  1. テニス ストローク

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースラインという場面を増やしていこう

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお伝えしたいことは変わらない。それは、ネットに出てボレーで勝負しましょうということ。…

  2. テニス メンタル

    テニスの試合で、体力の消耗を抑えることが出来る20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろんそうですが、その後、そのまた後と試合は続いていく。アナタ自身、トーナメントを勝ち…

  3. テニス メンタル

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK?いや、そんなことも無いと思いますよ・・・。意外と、風上の方が、戦い辛かっ…

  4. テスト

  5. テニス ハードコート

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これが楽しいからこそ、試合に出て挑戦する価値がある。でも、いざコートの中に入ると・・・…

  6. テニス サーブ

    主力選手、そして特徴のある代打選手を2人、自分の中に用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦うのは自分一人ですが、どこかでこういう「選手を使う発想」というのを持って欲しい。自…

  7. テニス メンタル

    試合終盤に、消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの

    テニスの試合、勝ち進んでいけば消耗との戦い。草トーの試合でも、1日に4~5試合はある大会もたくさんありますからね。特にこの夏の時期、きっとアナタ…

  8. テニス 前衛

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式がノーアドバンテージの形、結構ありますよね。草トーを勝ち抜いていくには、こういう小さ…

  9. テニス ストローク

    「なんでこんなコースまで練習?」それは、アナタの得意コースを活かすため

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も多いでしょう。例えばショートクロス、みたいなショット。「試合で使わないだろ…

  10. テニス 構え

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?

    テニスの試合、相手のサービスゲームをどこでブレイクするのか。拮抗した試合になると、少ないチャンスをいかに活かすかが大事になってきますよね。その時…

  1. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定し…
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
  4. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェ…
PAGE TOP