戦術

  1. テニス サーブ

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。体力が落ちて、準備が遅くなる。しっかり止まり切れていないときに、ストローク…

  2. テニス 上達

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくることを覚えておこう

    試合の中で、アナタの強みや弱み、弱点や武器。それは、対戦相手によって変わってくる部分が大きい。自分のテニスに固執しないで、少し楽に構えておく位で…

  3. テニス トレーニング

    テニスの試合で、「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはありますか?

    テニスの試合、何かしらは準備して皆さん試合に入る。それはネットプレーだったり、ベースラインでの粘り、サーブからのチェンジプレーかも知れない。でも…

  4. テニス 構え

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろんIフォーメーションやチェンジプレー、色々な仕掛けで後衛のアナタを揺さぶって来るでしょう。…

  5. テニス クレーコート

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

    今年も全仏オープンが開幕。改めて、クレーコートでの戦い方について、皆さんも見直してみませか?正直、長い試合が多いクレーコートには苦手意識がある方…

  6. テニス 雨

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備えて出来る準備4つ

    これから梅雨の時期。テニスの試合会場では、必ず雨で待機・・・という試合が増えていくでしょう。プロ選手の試合でも、中断をはさんで別人のように蘇る選…

  7. テニス メンタル

    テニスの試合、後半負け始めてからギアを上げても遅い件

    序盤の調子と、終盤の調子。皆さんはどの程度、差がありますか?ほとんどの方が、序盤はイマイチだけど終盤に調子が上がってきて・・・でも、時すでに遅し…

  8. テニス シングルス

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはずです。勝った試合って忘れやすいと思いますが、ちょっと思い出してみて下さい。…

  9. テニス ストローク

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側に向けて構えよう

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向きを作ることをまずは意識することをオススメします。ポイントは、斜め方向に身体を向け…

  10. テニス メンタル

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩かも

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛け合う言葉じゃないでしょうか・・・。それがいつしか、「当たり前」になってはいません…

  1. テニス フェデラー

    メンタル

    2017年全豪オープン、錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイントは…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践する…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考え…
  4. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準…
  5. テニス ミス

    その他

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない…
PAGE TOP