リターン

  1. テニス ストローク

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当にそう感じますよね。でもこれって、本当にポジションを変えるだけで大丈夫。きっ…

  2. テニス ストローク

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きましたが、強いペア相手にはまずストレートリターン。これは、本当に挨拶代わりだと思ってい…

  3. テニス 居場所

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こういう試合の流れの時って、焦りますよね。でも、慌てる必要はありません。だって…

  4. リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。相手を見ないで打点に集中する、これってリターンで大事なポイント。つい、結果…

  5. テニス ガスケ

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何でしょう。私なら、相手のファーストサーブを何とか威力を落としてもらう、そんな工夫が…

  6. リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっかり攻撃していきたいですよね。でも、トライしてみてもアウトが多く、安定しないという…

  7. テニス ストローク

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、というパターンですよね。でも、これって実は自分のサーブの練習だけじゃない。私…

  8. テニス 練習

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃないですかね。女性なのに、結構パワフルにサーブを打って来る相手、いますよね。ミ…

  9. テニス ストローク

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どいところに入りますからね。それから、ダブルスだと実は相手の前衛、がすごく見えやすい位…

  10. テニス ダブルス

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

    相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。でも、コツをしっかり意識すれば大丈夫。大振りしない、のはもちろんですが、もっと身体を…

  1. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで…
  3. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解…
  5. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
PAGE TOP