フットワーク

  1. 浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

    相手の浅いボール、が自分のコートにバウンドする。本来チャンスなはずですが、これを決め切れない、ミスしてしまう人って多いですよね。なぜ、攻撃出来な…

  2. とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

    「ストロークで速いボールを打ちたい!」「サービスエースを取りたい!」どんなに遅いボール、粘りが大事だと分かっていても、この気持ちは抑えられないで…

  3. 相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ

    試合の中で、ラリーが続いているのに相手に背中を向ける。これは、私は基本無しだと思っています。明らかに強く打たれるスマッシュのような場面、以外はで…

  4. テニス 打点

    攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

    ボレーが弱い!と、お悩みのみなさん。なぜ、アナタのボレーが試合で決まらないのか、それはラケットワークが下手だから?いえ、恐らくしっかりネットに詰…

  5. スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリットステップが早い、低い。私たちが思っている以上に、鋭さがあるんですよね。こ…

  6. テニス 走力

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい

    テニスの試合でのフットワーク、みなさんどんな意識ですか?ここ、試合の勝敗にかなり直結する部分なのに、意識が低い方が多い。もしくは、間違った認識で…

  7. 相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

    ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。この時に、みなさんのフットワークはどうでしょうか?ショートクロスのように浅いボールは…

  8. テニス ダブルス

    ピンチの場面では、相手が打つ前に動いちゃおう

    自分のボールが甘くなって、相手のチャンスの時。もう、ダメかな・・・と思ったら、先に動いてしまう。それでもし、予測が当たれば儲けものですしね。…

  9. 身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出来れば、試合ですごく理想的ですよね。以前から、何度かポジショニングについては書かせ…

  10. テニス スライス

    膝から前に出すフットワークで、頭の突っ込みは抑えられる

    試合で必要なフットワーク、その大原則はバランスです。移動した後、に良いバランスでショットに入れるかどうか。この部分で確認していくと、やはりまだ「…

  1. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に
  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です
  4. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う
PAGE TOP