フットワーク

  1. テニス ストローク

    オムニコートで「走らされてショットが乱れる」人は、外側の足を滑らせてオープンスタンスで打ってみよう…

    今、日本の主要のテニスコートはオムニコート。学校の部活ではクレーコートでも、試合はオムニコートでやる機会が多かったりしますよね。砂の量にもよりま…

  2. テニス 攻撃

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」で対抗しよう!

    ダブルスのリターンで特に多いのが、ライジングショットでタイミング速く攻撃してくる相手。こういった相手に対しての守備は、しっかり対策が必要です。ま…

  3. テニス 守備

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限られている。もちろん、ライン際に落ちるようなナイスショットはありますが、それはアウト…

  4. テニス 環境

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由して大きいのは、この理由だと私は思います。陸上競技のようなフライング、サッカーのよ…

  5. テニス リターン

    テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を決める」ことが大切で…

    ライジングショットのストロークが使えると、相手に時間を与えないでテンポ良く攻撃出来る。「今のって、ライジング?」って思うようなショットでも、上手い選手は…

  6. テニス 体力

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう

    「試合中に足が動かない・・・」と感じると、気持ちが落ちていってしまう。無理に動かそうとしても、結果的に頭だけ突っ込んでお尻が残ったようなプレーになってし…

  7. テニス ポーチ

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

    ダブルスが上手い選手と聞いて、アナタはどんなプレイヤーを思い浮かべますか?ビッグサーブとサーブ&ボレーが出来る、またはネットプレーで柔らかいタッチが使え…

  8. テニス 走力

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備力」が求められること。テニスでも同じように、どこに来ても速い反応が出来るように、低…

  9. テニス チャンス

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」ことを自覚しよう!

    テニスの試合では、自分でポジションを選んで良い。ダブルスでも2人でしっかりコンビネーションを練習しておけば、どんどん前に出たり逆に下がったり、自由にコー…

  10. テニスの試合では、「攻めのスプリットステップ」を使って、自分が打ったコースへ詰めること!

    自分がボールを打った後、相手がそのボールを打つまでに、テニスは時間がある。この時間は、攻撃?守備?どちらを意識して動けば良いのか、難しいですよね。…

  1. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り
  2. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように
  3. テニス 人脈

    メンタル

    試合で緊張する場面で、「いつも通りのプレーに戻す」具体的な方法5つ
  4. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが…
  5. 戦術

    なぜ試合では、「予測が外れること」が大事なのか
PAGE TOP